見延典子のブログです。

表紙のトンボ イラスト/見延典子
表紙のトンボ イラスト/見延典子

2020・8・6 俳句エッセイ「日常」③

 

広島市内では書店の閉店、撤退が相続いている。それだけ人々の足が書店から遠のいているのだろう。

 

気がつけば、出版や印刷の分野は時代からこぼれ落ちようとしている。

 

そんな状況下で、新たに本を出そうとする自分は、そうとう時代遅れの人間になっていると思う。


俳句エッセイ「日常」 

 目次

   はじめに

   第一部 家族を詠む

   第二部 句会「六回の会」

   第三部 自選四十五句

   あとがき

   見延典子 関連略歴

   特別付録 六回の会 活動の軌跡

 

四六判 156ページ 写真やイラストはカラー印刷 

発売予定日 9月10日(早まるかもしれません)

価格 「頼山陽ネットワーク」公式ホームページ会員様には特別価格2000円(+税)で販売予定。取扱いはamazonのみ、書店では取扱いません。

 

2020・8・1 俳句エッセイ「日常」➁

 

27年間に詠んできた拙句から200句を選び、自分で描いたイラスト、秘蔵写真など30枚あまりを載せた俳句エッセイ「日常」の編集作業がほぼ終了した。私家版としての限定出版で、版元は南々社。南々社の西元俊典社長は、句会の創設メンバーだったという縁がある。

完成型を想定した「版下」を自分でつくり、確認作業を進める。
完成型を想定した「版下」を自分でつくり、確認作業を進める。

2020・7・19 俳句エッセイ「日常」

 

27年間に詠んできた俳句に、自分で描いたイラストを加えて、俳句エッセイ集を出そうと準備をしている。自分でデ一タ(版下)を作り、仕上がり具合を確かめる。

内容に沿ったイラストなのだけれど、これだけでも使えるかも。

2020・7・1

イラストに挑戦

 

俳句エッセイを編もうと思い、イラストを描いてみた。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら