史跡 詩碑 漢詩の紹介

「頼山陽ネットワーク」は、全国にある「頼山陽ゆかりの史跡、詩碑」を探しています。ご存じの方はご一報ください。ご協力をお願い致します。


イベント メディア


頼山陽てくてく

西遊200年「頼山陽ネットワーク9周(九州)年」記念特別企画

頼山陽と「京都~西国街道~九州」を歩きます。

1818年12月17日 頼山陽は「中津城下」滞在中 筆者は見延典子


見延典子のブログ


「十旬花月帖 写真紀行」


事務局からのお知らせ

皆様からの投稿写真

身の回りの珍しい写真、面白い写真をお待ちしております

がんばれ! 見延和靖選手

見延典子の「最近、気になる人」

皆様からのコメント

石村代表のブログ

皆様の掲示板 オープン スペース

ご自由にお使いいただくスペース。ご希望の方はここをご覧ください。

見延典子の「山陽文徳殿」を考える

石村良子代表の「十旬花月帖」

ふしぎコンビ「頼山陽シスターズ」

『私のルーツ』発売中

関連出版物と評価

見延典子が書いています

「頼山陽の手紙」を読む

 手紙は頼山陽の肉声。頼山陽の真実の姿はここにある


          

   見延典子の書籍のお知らせ

 

著者サイン、落款入り、一冊から全国送料無料

 但し、「頼山陽ネットワーク」会員(無料)に限ります

  ご購入方法

   「頼山陽ネットワーク」ホームページのメールから

       お申し込みください。詳細をお伝え致します。

 

『私のルーツ』(2018年1月刊)

本分社(発売元)           ☏082(259)3925
本分社(発売元)           ☏082(259)3925

オリンピック選手と先祖は同じ?  見知らぬ男性から「ご先祖を知っています」と声をかけられ、ママ友から300年前の先祖の系図をもらう。真相を確かめるべく、北海道札幌市、福井県越前市、徳島県美馬市、大連旅順へ〝ルーツ探しの旅に出る。

明治維新から150年。激動の時代に屯田兵、農民だった札幌市出身の作家見延典子の先祖はいかに生きたのか。著者による題字、装画、挿画、装丁、編集。秘蔵の家族写真や図など100枚入り、系図付き。読みやすいA5サイズの紀行エッセイ。「頼山陽」公式ホームページ連載に大幅加筆。1200円(税込み 送料無料)

 


『汚 名』 (2016年3月  本分社)

   1500円(税抜き)


『竈(かまど)さらえ』 (2014年 本分社)

   見延典子短篇集 頼山陽をめぐる物語

 

 頼山陽のまわりにはいつも物語があふれていた

頼山陽と対決する贋作師。広島城下の呉服問屋の娘おりん。頼山陽の才能に嫉妬し、敵愾心を抱く若き広島藩士。頼山陽の子を身ごもる女弟子…。表紙をめくれば、虚虚実実の物語世界が始まる。

収録作品全9編  

『竈さらえ』『槐』『恋する娘』『一花一草』『宮島詣で廓めり』

『焚書の海』『節』『牛狐』

『非利法権天』

 全9編、作品の理解を深める

 著者による「覚え書き」

 「頼山陽年譜」付き

     1200円(税抜き)


『敗れざる幕末』2012年 徳間書店)

 頼山陽の一番弟子から、老中首座阿部正弘の懐刀として実直に仕えた関藤藤陰。

 カラフトとエトロフ島探索、石州口の戦い、福山城開城、箱館戦争。

   幕末の動乱期を背景に、知られざる70年の生涯を幕府側から描く渾身作。

 『頼山陽』の続編。 

 

(徳間書店 税抜き2200円)

 


徳間文庫752円+税
徳間文庫752円+税
徳間文庫743円+税
徳間文庫743円+税
徳間文庫724円+税
徳間文庫724円+税

  電子書籍として販売中!!

    第27回新田次郎文学賞受賞作。文庫版全3巻。

    下巻には「主要登場人物紹介」「頼山陽の年譜」付き   

   見延典子
   見延典子

 

見延典子著

明治維新から150年

紀行エッセイ

 『私のルーツ

    発売中!! 

 

『汚名』(本分社)

 

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

残部僅少。売り切れご容赦。
残部僅少。売り切れご容赦。

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら