「頼山陽サロン」のページ。見延典子が書いています。

 普段はなかなか聞けない出版事情について、わかりやすく話して下さり、「楽しかった」という感想をいただいております。今回は10代から80代まで12名がご参加くださいました。皆さま、ありがとうございました。次回は8月21日。

 

2024・7・11

第4回頼山陽サロン、終了

 

 広島の総合出版社南々社社長西元俊典さんを講師に迎え、第4回頼山陽サロンが終了しました。

右が講師の西元俊典南々社社長
右が講師の西元俊典南々社社長

広島市が行なっている活動です。
広島市が行なっている活動です。

2024・7・9

頼山陽サロン 7月10日開催

 

 第4回頼山陽サロンは、明日7月10日開催です。広島市ご在住で「高齢者いきいき活動」の手帳をお持ちの方は、今回からポイントがつきます。手帳をご持参くださいますよう、お願いいたします。

 


2024・6・20 

第4回頼山陽サロンのご案内

     主催/頼山陽ネットワーク    

日時 7月10日(水)13時30分~15時20分(開場は13時)

場所 合人社ウェンディひと・まちプラザ 南棟4階 会議室 C 

講師 西元俊典氏(総合出版社南々社社長)

演題 「出版について」

 西元俊典氏
 西元俊典氏

 講師の西元氏は広島で30年にわたり総合出版社南々社を経営。5月に中国新聞の「緑地帯」に「地域発 総合出版社」を8回連載。歴史に関する出版物も多く、自費出版のお手伝いもされています。

 

定員 15名

参加費 1000円(コーヒー、日本茶、菓子代込み)

    10代~20代、及び講師をつとめてくださる場合は参加費無料

その他

 1 見延典子による「手作りで本を作る」の話。

 2 「8月1日 多家神社を訪ねる」についてのご案内。

 

2024・6・12 第3回頼山陽サロン、終了

 

 第3回頼山陽サロンは、尾崎和則氏(妙詠寺僧侶 『日本外史を読む会』会員)を講師に、演題「天皇と伊勢神宮参拝」について語っていただき、歴代天皇にまで言及する内容になりました。

 尾崎さん、ご参加下さった皆さま、お暑い中を、ありがとうございました。次回は7月10日(水)

 

2024・6・5 第3回頼山陽サロン、ご参加の皆さまへ

 

第3回頼山陽サロン、ご参加の皆さまへ、確認のメールをお送りしました。ご参加の方で、届いていない場合はお知らせ下さい。

 

2024・5・15 第3回頼山陽サロンのご案内

 

日時 6月12日(水)13時30分~15時20分(開場13時~)

場所 合人社ウェンディひと・まちプラザ 南棟4階 会議室 C 

講師 尾崎和則氏(妙詠寺僧侶 『日本外史を読む会』会員)

演題「天皇と伊勢神宮参拝」

 持統天皇(在位690~697)で途絶えていた天皇による伊勢神宮

 参拝が、明治天皇によって再開された背景を考えます。

 演題は「かたい」ですが、わかりやすく話してくださいます。

 

第2テーマ

 見延典子「頼山陽と『日本政記』(歴代天皇の事跡)」

『日本外史』は幕末、『日本政記』は明治以降、日本人に影響を与えたのではないか。こちらもわかりやすくお話します。

 

1、今回から「開場時間が13時~」で、座ってお待ちいただけます。 

 「開始時間は13時半」

2、引き続き、自由なご発言、活発な議論をお願いいたします。

 

参加費 1000円(コーヒー、日本茶、菓子代込み)

10代~20代、及び講師をつとめてくださる場合は参加費無料

 

ご参加希望の方は、メールからご連絡下さい。先着15名。

               満席になりました。

               キャンセル待ちです。

               ご要望に添えない場合もございます。

 

2024・5・9

第2回頼山陽サロン終了

 

 第2回頼山陽サロンは、講師に青山浩子さんを迎え、13名の参加で無事、終了しました。

講師の青山浩子氏
講師の青山浩子氏

 講義中はみなさん、真剣な表情ですが、講義前は「割烹着談義」で大いに盛り上がりました。

 楽しく、まじめに、本音で語り合う会にまた一歩近づきました。

 次回は6月12日(水)

 


2024・5・3  第2回頼山陽サロンにお申込みの皆様へ

 

第2回頼山陽サロンにお申し込むの皆様へメールをお送りしました。

ご確認の上、届いていない場合はご連絡ください。

                        見延典子

 

2024・4・27

割烹着サロン

 

 第一回目の頼山陽サロンでお給仕する際、着物の袖が邪魔に感じた。

 で、考えた。割烹着が必要、と。ネットのフリマをのぞいてみると、さまざまな品が売りに出されている。やっぱり白かな。

 届いた割烹着に袖を通したら、旅館の仲居頭みたいで、笑ってしまったが、これを着て、心おきなくお給仕いたします。どうぞ、いらしてください。

 


2024・4・20  第2回 頼山陽サロンのご案内

 

好評だった「頼山陽サロン見学会」に引き続き、2回 頼山陽サロン」を開催いたします。

        記

日時 5月8日(水)13時35分~15時10分

場所 合人社ウェンディひと・まちプラザ 南棟4階 会議室 C 

講師 青山浩子氏(古文書研究会所属)

演題「広島城(頼山陽の父春水ゆかり三の丸)、与楽園(広島藩の庭園)

   縮景園」など

参加費 1000円(コーヒーか日本茶、菓子代込み)10代~20代は無料

 

1 青山さんの講演を受け、みなで自由に意見交換します(参加者)

2 頼山陽に関する質問コーナー(参加者)

3 江戸時代から戦前の情報(参加者)

4 雑談タイム・・・気になる話題 話したいこと(参加者)

(司会進行 見延典子)

 

ご参加希望の方は、メールからご連絡下さい。先着15名。

 

2024・4・11 

「頼山陽サロン」見学会 終了

 

 4月10日「頼山陽サロン」が

12名の参加で無事終了しました。

 10代、20代も参加してくださり、本音で語る、活発な会になりました。ご参加くださった皆さま、お手伝いくださった皆さま、誠にありがとうございました。

サロン終了後、希望者と頼山陽居室へ。

みんな、笑顔! 話は尽きません。


    好評につき、来月も開催します。

   5月8日(水)13時35分~15時10分

   合人社ウェンディひと・まちプラザ 南棟4階 会議室 C 

 テーマなど追ってお知らせ致します。

                       見延典子(写真も)

 

2024・4・1 「頼山陽サロン」見学会の内容

 

「頼山陽サロン」見学会の内容は以下の通りです。

 

1「頼山陽居室とは何か」シンポジウム、各パネラーの発言のまとめ

 併せて山紫水明処(京都)との関連性を考えます(担当見延典子)

2 ホームページ未発表、頼山陽のビックリ情報(担当見延典子)

3 頼山陽に関する質問をお持ち寄りください(参加者)

4 江戸時代から戦前の情報をお持ち寄りください(参加者)

5 希望者は講座後、頼山陽居室で現地説明を行ないます。

                  (担当見延典子、10分程度)

 

2024・3・24 「頼山陽サロン」の開設

 

 頼山陽ネットワークの新企画として「頼山陽サロン」を始めます。

 頼山陽に興味がありながら、よくわからないという「頼山陽初心者」の方々に仲間になって いただこうという試みです。

「頼山陽ってどんな人?」「『日本外史』って何?」という質問など大いに歓迎です。また江戸時代から戦前までの話題も扱う予定です。講師からの一方的な話ではな く、デスカッションできる場にしたいと考えております。ご興味のある方は「見学会」にご参加ください。

「頼山陽サロン」見学会

日時 2024年 4 月10日(水)

  13時40分~15時20分

  (開場は13時半)                    

場所 合人社ウェンディひと・まち

  プラザ 南棟4階 会議室 C 

  (広島市中区袋町 6-36)                         

 南棟4階 会議室 C 
南棟4階 会議室 C 

募集人員 15名(先着順)

テーマ 「頼山陽居室と山紫水明処」

    3月16日のシンポジウムの補足も含む

講師  見延典子(頼山陽ネットワーク事務局長 作家)

   当面、見延典子が講師、進行役をつとめます。

参加費 1、000円(お茶代込み) 但し10代~20代は無料。

お申込み方法

 ご参加希望の方は、メールから「頼山陽サロンの見学会希望」と 書き、①ご住所、②お名前、③お電話番号 をお知ら せ下さい。

 一回だけのご参加でもかまいません。 

ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 

「頼山陽と戦争国家

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

『俳句エッセイ 日常』

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら