見延典子が書いています。

2020・3・13

広島陸軍被服支廠⑤

 

広島陸軍被服支廠をめぐっては一昨日(3月11日)の参院本会議でも、広島選出の野党議員がその保存、活用について質問した。これに対して安倍首相は1月の衆院本会議と同じく「唯一の戦争被爆国として、世代や国境を越えて被爆の実相を継承する務めがある」と述べ、国として対応する考えを示した。

広島陸軍被服支廠というと、戦前の軍事利用を想起するが、保存、活用策の議論になると、被爆建物として論じられる。ある与党の国会議員が視察後のテレビの取材に「被爆関連の予算は1400億円ある」と語った。保存、活用には資金がいるのはわかるが、こういう発言を聞くと、問題の本質がすり替えられてしまっているような感じを受けるのだ。

広島陸軍被服支廠(広島市南区)の東側を走っていたJR宇品線(日清戦争の際軍用鉄道として敷設された)は1972年(昭和47)に廃線となった。現在、徒歩10分ほどの場所に線路や踏切の一部が保存されているが、説明板はなく、訪れる人もほとんどいない。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら