2018・9・30 9月30日の山陽ウオーク中止

 

台風24号の接近に伴い、9月30日に予定していた山陽ウオーク(咸宜園から山国)を中止致します。次回は10月21日、山国から本耶馬渓までです。

            主催 耶馬渓誕生200年記念祭実行委員会

 


2018・9・28

大分合同新聞で「耶馬渓200年記念祭」紹介

 

江戸時代の文人頼山陽が中津市の山国川流域を歩き、耶馬渓と名付けて200年。節目に合わせてフォーラムやツアーなど記念祭が30日から市内一帯で開催される。11月11日まで。関係者は来場を呼び掛けている。

市内の文化や歴史、観光に関わる各種団体による実行委員会(宮瀬正明委員長)が主催。「200周年を機にいま一度、脚光を当てたい」と企画した。主要事業はフォーラム(11月3日、耶馬渓公民館)と、足跡に触れる「耶馬渓バス&徒歩ツアー」(9~11月の全3回。要申し込み)。


フォーラムのテーマは「頼山陽と我が郷」。山陽の子孫で、山陽史跡保存会の頼政忠会長と、九州の儒者との関係を知る吉田洋一久留米大教授が講演する。作家見延典子さんがコーディネートするパネルディスカッションも。山陽の人生や九州遊歴、山陽の偉業継承のあり方などを伝える。


かつての日田往還中津街道を行くツアーは第1回「石坂石畳を歩けば江戸の旅人となる」(30日)を皮切りに、第2回の10月21日(山国―耶馬渓―本耶馬渓)、第3回の11月11日(本耶馬渓―永添・正行寺)がある。参加費は各4千円。


他にも「耶馬渓図巻記」のレプリカ展示や住民が山陽にちなんだ絵や書、短文学の作品展(11月2~6日、耶馬渓公民館)、山国町かかしワールドに合わせた「山陽案山子」がある。28日からは市内本耶馬渓町の耶馬渓風物館で協賛行事「頼山陽、末弘雲華、広瀬淡窓の遺墨展」(12月5日まで)が開かれる。

 

事務局は「耶馬渓を広めた頼山陽。興味深い話ばかりなのでぜひ触れて。地域の誇りと思ってくれたら」と話している。問い合わせは吉森晶子さん(TEL090・7154・8203)。

<メモ> 頼山陽(1780~1832年)は儒学者、漢学者。歴史、文学、美術など各分野で活躍した。没後、出版された「日本外史」はベストセラーとなり、幕末の尊皇攘夷運動に影響を与えたという。「旅を生きた学問」とし、全国各地を遍歴。九州行脚中の1818年、山国谷と呼ばれる山国川流域へ。市内に12日間過ごした。「耶馬渓山天下無」の詩が知られている。                                                                     

    ※この記事は、9月28日大分合同新聞朝刊12ページから転載しました。

頼山陽フォーラム

11月3日(土)

13時〜16時45分

耶馬渓公民館文化ホール

講演 

頼政忠氏(頼家6代当主)

 演題「頼山陽を語る」

吉田洋一(久留米大学教授)

 演題「頼山陽と九州の儒者たち)

2018・9・21

吉森晶子さん

11月3日「耶馬渓」誕生200年祭

 

頼山陽が「耶馬渓」と名づけてから200年の今年。「『耶馬渓』誕生200年祭」として、ウオーキングの他、さまざまな催しを行います。


講演に続き、パネルデスカッション

パネリスト

村崎春樹氏(長崎史談会)

上田誠也氏(頼山陽学処・菊陽ふれあいいきいき漢学サロン)

溝田直己氏(日田氏教育庁咸宜園教育研究センター)

コーディネーター

見延典子氏(作家。頼山陽ネットワーク事務局)

 

頼山陽、末広雲華、広瀬淡窓の遺墨展

9月28日(金)〜12月5日(水)

耶馬渓風物館(本耶馬渓町)

雲華本・竹下本を同時展示(いずれも複製)

 

作品展

11月2日(金)〜11月6日(火)

耶馬渓公民館・文化ホール

短文学・書道・絵画・写真展・耶馬渓図巻

雲華本・竹下本を同時展示(いずれも複製)

表彰式 進藤多万氏

 

山陽案山子(やまくに「かかしワールド)展示

9月30日~11月25日

 

主催 耶馬渓誕生200年記念祭実行委員会(事務局吉森晶子)

後援 中津市・日田市・中津教育委員会・日田教育委員会・中津商工会議

   所、中津市しもげ商工会。(一社)中津耶馬渓観光協会、大分合同

   新聞社、頼山陽燦々プロジェクト

「耶馬渓」(ネットより)
「耶馬渓」(ネットより)

2018・6・14

吉森晶子さん

「耶馬渓 頼山陽ウオーキング」

 

頼山陽が耶馬渓を歩いた道のりを辿るツアー。以下の通り3回に分けて行うことになりました。


第一回 9月30日 咸宜園から山国

第二回 10月21日 山国から本耶馬渓

第三回 11月11日 本耶馬渓から正行寺

                                          ※いずれも日曜日

 

集合時間、場所などについては後日お知らせ致します。ご都合がつく方はご参加くださいますよう、よろしくお願い致します。

 

 

   見延典子
   見延典子

 

見延典子著

明治維新から150年

紀行エッセイ

 『私のルーツ

    発売中!! 

 

『汚名』(本分社)

 

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら