以下のような考え方もある。

 

○『日本外史』は「天皇」という切り口で書いた。

 

○山路愛山『頼襄を論ず』

頼山陽は「尊皇攘夷論者」ではなく「公武合体論者」

 

 

2014・9・1

『日本外史』の読まれ方

 

私見では『日本外史』は4段階の読まれ方をしたと思う。

 

1、武士を奮い立たせた幕末前期

2、尊王論の牽引役となった幕末後期

3、政府の思想統制に利用された明治、大正、昭和20年8月15日まで

4、ほとんど見向きもされなくなった昭和20年8月15日以降

 

この中で、頼山陽が意識的に心がけたのは1と2である。

 

だがこうふうには読めないだろうか。

 

武士として次第に横暴になっていく平清盛の姿は、徳川家将軍を暗示している、と。

 

文人とは批評家でもあるのだ。

 

 

 

 

   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら