別角度から
別角度から

陰に隠れていたのは、苔でできているゾウさんかな(右の写真)???

 

どうやってつくるのか???

 

 

2019・5・10

母の日

 

「母の日」ということでお嫁さんからプレゼントされた「アジサイ中心の寄せ植え」


2019・5・7

子どもの日➁

 

先にデザートを紹介けれど、メイン料理は焼き肉。その他もろもろ。

トロは口の中でとけた~
トロは口の中でとけた~
道の駅で買った竹原産「切り干し大根」
道の駅で買った竹原産「切り干し大根」
道の駅で買ったキンカン。残りわずか。
道の駅で買ったキンカン。残りわずか。
新玉ねぎたっぷりのポテトサラダ
新玉ねぎたっぷりのポテトサラダ
焼き肉は牛タンやホルモンも
焼き肉は牛タンやホルモンも
鯛のお寿司だったかな
鯛のお寿司だったかな
人気の「オクラのゴマまぶし」
人気の「オクラのゴマまぶし」
恒例の煮豆。黒糖をいれてみる
恒例の煮豆。黒糖をいれてみる

どうということのない料理も、家族みんなで食べると美味しい。

ご馳走さま~

 

 


2019・5・6

子どもの日

 

梅庵さんの畑ほどじゃないけど、拙宅の春菊も満開状態。そんな中で迎えた子どもの日。

お嫁さんがいろんなものを持ってきてくれる。う~ん、満復。

 果物一杯のケ一キ
 果物一杯のケ一キ
初物のメロン
初物のメロン
満開の春菊
満開の春菊
麩でできたお菓子。きれい。
麩でできたお菓子。きれい。
桃太郎と犬ね アイデアが渋い!
桃太郎と犬ね アイデアが渋い!
初物のスイカ
初物のスイカ

赤カブの甘酢漬け、スナップはさっと茹でて塩をふったもの+令和元年の限定酒

「菊芋」(右)は以前も「たけはら道の駅」で購入したが、どんな味だったっけ…

2019・5・3

「道の駅」は楽しい

 

「道の駅」はやっぱり楽しい。中高年女性に人気があるのもうなづける

まず普通に煮て(左)、いただく。

 

そうそう、この味。いかにも滋養がありそうな味。

 

生のままでも、炒めてもOKとか。万能食材である。

 

 

 


2019・4・30

タケノコご飯

 

竹原でいただいた「ゆでタケノコ」

続いて、たけはら道の駅で購入したフキや、干しシイタケをもどしたもの、厚揚げと煮る。一見地味だけれど、この時期ならではの味覚。味わいつついいただく。

 

まずは「タケノコご飯」


「刺身にできます」とあるので、買って帰り、さっそく調理。

いい加減にやるので、所要時間は20分位
いい加減にやるので、所要時間は20分位

2019・4・25

チヌ(クロダイ)の刺身

 

スーパーの鮮魚売り場を覗いたら、大きなチヌ(クロダイ)が297円! あ、税抜きね(笑)

家庭用のステンレス包丁では、ブツ切りにしかできないけれど、頭や骨まわりはアラ汁にして。お得感いっぱい。一仕事終えた気分で、冷酒をいただく。旨し。

 


2019・4・23

春菊の花

 

最近は春菊のことばかり書いているような…。4月26日、すき焼きの具にした春菊。茎の部分を放置していたら、な、なんと、花が咲いた!

きれいじゃん。

 

 


2019・4・21

焼ロールキャベツ

 

知人のブログに、「ロールキャベツ」は煮るより焼くほうがおいしいと書いてあった。さっそく試す。

なるほど!!

 

 


2019・4・18

タマ亀こけたら…

 

4月7日旅猿ツアーに向け、前日に不動院で準備をしていたら、玄関から入ってきた進藤タマさんが、私の前でダイブするように転んだ。笑っていたら、翌日、本堂で頼和太郎さんの講演中、写真をとるため聴衆の後ろを歩いていた私が、コンクリートにひっかかり、やっぱりダイブするように転んだ。タマ亀こけたら、ミノ亀こけた 🎶♬

11日目の膝の擦り傷。なおりかけで痒い。お見苦しものを載せ、すみません。

 

 

 


いよいよ収穫の時を迎える。

2019・4・16

あの春菊を…

 

昨年11月末は双葉だった春菊。

春菊といえばすき焼き。

しいたけ、ネギ、白滝と定番の具材の中、春菊のやや苦みのある独特の香りが際立ち、美味であった。

 

 


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

6月12日発売!!

『もう頬づえはつか  ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。悪しからずご了承ください。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

『汚名』(本分社)

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら