見延典子のブログです。

2022・4・12

アジ祭り

 

 ムコ殿が友人かもらったきたアジ。さっきまで瀬戸内海で泳いでいたものをお裾分けしてくれた。

新鮮な刺身
新鮮な刺身

 刺身、塩焼き、南蛮漬け・・・。

 マイ包丁をもっているムコ殿がきれいに下処理してくれたので、料理は超簡単。

 ごちそうさま!

 

南蛮漬け
南蛮漬け

中央はスイスチャートという野菜
中央はスイスチャートという野菜

 タケノコは掘りたて。葉ゴボウは初めて食べるかも。天ぷらにすると、ちょっと苦みがあり、春の味!

葉ゴボウの天ぷら
葉ゴボウの天ぷら

2022・4・6

春の野菜をどっさり

 

 お嫁さんの実家の畑で採れた野菜をどっさりもらう。さっそく料理。

早くもタケノコご飯
早くもタケノコご飯
ホーレン草のチーズ焼き
ホーレン草のチーズ焼き

 春菊、ニラ、ブロッコリーまで。

 どれも新鮮で、おいしい。

 


2022・4・5

春爛漫

 

 快晴の日が続く。

「日本外史を読む会」に出かける道中もお花見を楽しむ。

 同じ地球上で残忍な殺戮が繰り返されているなんて・・・

 


梅庵さん(中央)に畑で野菜摘み
梅庵さん(中央)に畑で野菜摘み

 長ネギ、春菊、菜の花、ふき、金柑など、思い思いに摘んでいく。

大根の葉と油揚げのさっと煮。鰹節をかけて
大根の葉と油揚げのさっと煮。鰹節をかけて

2022・4・1

宴の後は・・・

 

 お花見の宴のあとは、梅庵さんの畑で恒例の野菜摘み。

本日の収穫
本日の収穫

 帰宅後、大根の葉と油揚げのさっと煮をつくる。無農薬、新鮮、だから美味しい。

 

 梅庵さん、いつもありがとう!

 


2022・3・30

花見

 

 雪の残る札幌から広島に帰り、絵の教室の皆さんと花見へ。向かうはここ3年、ほぼ同じメンバーで訪れている神原のしだれ桜。広島県天然記念物に指定されて、見物客も多い。5部咲きくらいかな。

 花見弁当やスイーツもいただく。

 

せっかくなので着物で。右から3人目
せっかくなので着物で。右から3人目

2022・3・29

札幌の中ジョッキ

 

 札幌行きの目的は、母方の長濱家のルーツ探しであったが、母はもちろん、コロナ禍で2年ほど会えなかった姉の息子(甥)一家とも再会できた。当たり前だが、甥の子どもたちは見違えるほど成長している。

ジンギスカン鍋がIHになり、形状も山型から平たい鉄板に変化していた。
ジンギスカン鍋がIHになり、形状も山型から平たい鉄板に変化していた。

 会場は札幌ビール園。たぶん10年ぶりの再訪。まずはビール。「中ジョッキ」を注文したら、想像より大きなジョッキが目の前へ。1リットル入りという。「中ジョッキで1リットルなんて・・・」と困惑しつつみるみる飲んでしまう(笑)

 


2022・3・27

半年ぶりの・・・

 半年ぶりの故郷札幌。まずはやっぱりラーメンかな。

 


 茎にも、葉脈にも紫が入って、見ていて飽きない。

2022・3・24

大根の花

 

 馬酔木と同じ日に描いた大根の花。通常は白だが、こんなふうに紫がかった花もあるらしい。


2022・3・23

馬酔木

 

 久しぶりに絵の教室に行ったら、馬酔木が活けてある。「アセビ」と読む。スズランのような小さな花を眺めるうちに、酔ったような気分になる。馬でもないのに。


 3月、4月、5月生まれの合同誕生会を開催したら、大家族でもないのに、なんと6名もいる。焼き肉を食べ、ワインを飲み、ケーキも食べて、ときどきマスクもつけて、久しぶりの家族団欒。

 

2022・3・22

ようやく・・・

 

 マンボウ解除で、ようやく家族が普通に会えるようになった。

お嫁さんのおいなりさん
お嫁さんのおいなりさん

2022・3・19

再開

現在「新田氏」を読んでいます。
現在「新田氏」を読んでいます。

 マンボウの解除に伴い、1月7日以来2ヵ月半ぶりに「日本外史を読む会」が再開。久しぶりに頼山陽史跡資料館(広島市中区)に行くと、頼山陽居室の修理工事中で、前庭には入られないようになっていた。しばらく時間がかかるそうだ。

 


2022・3・16

気になること

 

 あれも、これも、やらなければならないことがあるというのに、気になるのは・・・

アフター
アフター
 ビフォー
 ビフォー

 生け垣の剪定。こんなことをやっている場合じゃないのはわかるのに、でもやっぱり気になる。

 昨年、やり残したあたりをすっきりさせ、気分もすっきり。

 


2022・3・12

3月の色

 

3月の色といえば「桃色」と「うぐいす色」かな。

 左はマカロン
 左はマカロン

スイーツタイムに飲むカフェラテも「季節限定」のこの2色。

 


     生地が焦げてきたところで、       具材と絡めていただく。
     生地が焦げてきたところで、       具材と絡めていただく。

2022・3・9

もんじゃ焼き

 

「タコパ」「アヒージョ」「シウパ」に続く家庭での鉄板焼きシリーズ、次は「もんじゃ焼き」。東京の月島で2回しか食べたことはないけど、こんな感じだったはず。

 


2022・2・27

シウパ

 

 3回目接種から1週間。副反応はおさまりつつあるが、次なる脅威、気温の上昇とともに、花粉症との戦いが始まったようだ。


 娘から「タコパ」「アヒージョ」に続き、「シウパ」のお誘い。シウマイパーテイの略ね。たこ焼き器で作ります。

 

菜の花と新わかめの酢味噌和え
菜の花と新わかめの酢味噌和え

2022・2・24

副反応

 

 3回目のコロナワクチン接種を受けた後、普段通りに過ごしていたら、2日目の夜になって喉の痛み、悪寒、頭痛に襲われる。これが悪名高き副反応か。


 3日目になってもおさまらない。1回目、2回目にはなかったことだ。3回目の接種率があがらない理由がわかったような・・・。

 

2022・2・23

アヒージョ

 

 しばらく外食とは無縁の生活。娘から「タコパ」に続き、ランチの誘い。アヒージョニンニクとオリーブオイルで魚介類や野菜を煮込む料理。市販の粉末で、簡単にできるという。ワインが飲みたくなる。

今回は魚介だが、さまざま具材で楽しめる
今回は魚介だが、さまざま具材で楽しめる

2021・2・22

3回目

 

 コロナワクチンの3回目を接種した。午後に打ち、夕食後はもらっておいた薬(解熱剤、鎮痛剤)を飲んだせいか、接種した腕に痛みがある以外、特に変わったことはない。


 このワクチンはオミクロン株にさほど効果はないといわれる。また副反応(将来も含め)の心配もゼロではないという。そのためワクチン接種をしないという人も周囲にはいる。けれど今はこれしか頼るものがない。

 

 会場は予約者が次々訪れていた。一回目を打つという若者や外国語を話す人々も順番を待っていた。駐車場の案内人、受け付け業務にかかわる人々、体調を確認する医師(のような人)、実際に打ってくれる看護婦さん(たぶん)、 多くの人々が投入され、スムースに流れていた。

 

2022・2・18

まんぼう延長

 

 私が住む広島県では1月9日にコロナの蔓延防止等重点措置適応措置がとられ、以降2度の変更を経て、現時点で3月6日までの延長が決まった。他の30都道府県も3月6日まで同措置がとられるという。

大豆煮は常備材。定期的にゆでる。美味。
大豆煮は常備材。定期的にゆでる。美味。

 不自由な日々に、周囲からは「どうにかならないか」という悲鳴のような声が聞こえる。出口の見えない日々が続く。

 

写真はネットから
写真はネットから

 ところが昨夜、クイズ番組を見ていたら「童子」と書いて「ぼっこ」と読むことを知った。岩手の方言で「子ども」の意味があるという。解答を聞いた瞬間「棒っこ手袋」が思い浮かび、あれは「童子手袋」だったのではないか、と思った。道産子以外、どうでもよい話(笑)

2022・2・17

ぼっこ手袋

 

 道産子ではミトン型の手袋を「ぽっこ手袋」と呼ぶ。「棒」を「棒っこ」と呼び、「ぼっこ手袋」は「棒っこ」の形状に似ているから、と私自身は考えてきたし、物の本にもそう書かれている。

    ヒモつきで首から下げる

    こともある「ぼっこ手袋」


2022・2・15

冷蔵庫の整理

 

 久しぶりに(笑)冷蔵庫の中を整理したら、ひれ酒が出てきた。


 正月にお嫁さんからもらったあと、大切にするあまり、その他の食品の中に埋没していたようだ。不思議ともうかったような気分。乾杯!

 

「タコ焼きパーティ」の略ね。たこ焼きを作って食べるだけ。でもチーズ、キムチ、肉、コーンなど好みの具材を入れて、わいわいと。それなりにおいしく、たのしい。

 

2022・2・13

タコパ

 

「タコパするよ」と娘から誘い。

青のりはたっぷり。
青のりはたっぷり。

自分のためにはめったに買わないような大粒の「博多あまおう」。名前からは想像しずらいけど、JA糸崎(広島県三原市)が出荷しているようだ。頭から尻尾まで、全身真っ赤である。いただきま~す

 

2022・2・12

真っ赤

 

思いがけずイチゴをいただく。


 札幌市内にある実家周辺の写真が届いた。なるほど、これはただごとではない。めったに目にすることのない現実が広がっている。

 玄関の左手には畑があり、春になると、母が世話する草花が芽吹く予定であるが、今は冷たく、重い雪の棄て場になっている。

2022・2・7

雪の実家

 

 大雪ため、JR札幌駅発着の7日の電車はすべて終日ストッブするという報道が流れている。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

書店では取り扱いません。

残部僅少!

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら