ぶどうをいただく。マスカットシャインやピオーネなど。種がなく、皮まで食べられるものもある。

 

2021・7・29

ぶどう

 


ムコ殿のランチ
ムコ殿のランチ

 お嫁さんからはデザート。

2021・7・21

ある日のランチ

 

 ムコ殿がランチを作ってくれる。自分用の包丁を持っていて、時々研ぐという本格派。

 さらにお嫁さんの父上からは畑で採れたばかりの新鮮野菜をいただく。子供らはな~んにもしないけれど、配偶者やその縁者のみなさんには恵まれている。

 


2021・7・16

梅庵さんの畑で

 

 ご近所の大農園主・梅庵さんの畑でブルーベリーが実っている、一緒に収穫を、という知らせが入る。

 ブルーベリーがどのように実っているか、見たことがない。というので、さっそく出かける。

 初のブルーベリー狩り。大量ゲット。梅庵さん、ありがとう。

 

石内の大農園主・梅庵さん
石内の大農園主・梅庵さん
ブルーベリーの木
ブルーベリーの木
 カタツムリもお出迎え
 カタツムリもお出迎え

2021・7・13

第一回目の接種

 

 新型コロナワクチンの接種券が届いたので、集団接種会場で、第一回目の接種を受ける。

粛々と接種が続く会場の様子
粛々と接種が続く会場の様子

 ワクチンの安全性には疑問の声がある。まずは高齢者から打つのは、老い先短い命を人体実験にさしだせという意味だろう。

 打った日の夜、接種したほうの腕に痛みがでたが、翌日にはひいた。


2021・7・9

雨の中

 

昨日は人間ドックを受けるため、早朝から出かける。雨は小康状態だったが、道路は冠水しているところがある。念のため病院に電話をしたら多少の遅刻なら待ちますという返事。待ち合い室のテレビでは広島県内の被害状況が映し出されていた。無謀な外出だった。無事に病院に着いたことが奇跡にように思えた。

 

18時間ぶりの食事
18時間ぶりの食事

鉢で育てた野菜(名前は失念)や、変わり種として焼きそばも入れてみる。まずまずのお味。

焼きそばサンド
焼きそばサンド

2021・7・7

サンドイッチ②

 

以前もらったサンドイッチがおいしかったので、自分でも作ってみる。


2021・7・6

煮卵

 

ムコ殿Bから「煮卵」をもらう。自分でつくったという。

「煮卵」という言葉は「梅日記」にも載っている。但し、半熟だったかは不明。シンプルな料理?ではあるが、これはこれで美味。

 

 


2021・6・29

○十年ぶりに

 

 いろいろあって、○十年ぶりに自転車に乗ろうと思ったが、貸してもらった自転車は電動式で、サドルが高く、不安定極まりない。慣れれば乗れるようになるのか、ケガをするまえにあきらめるか。思案中。

 


ミニトマトの初収穫
ミニトマトの初収穫

 その間、石村代表と「頼山陽全国史跡&詩碑めぐり(仮称)」について意見交換しながらも、編集作業は滞ったまま5月が飛んでいき、6月が流れている。7月になれば少しは好転するかもしれないと思いつつ、これを書いている。

 

2021・6・27

7月になれば

 

 長女と次女のダブル出産、ダブル里帰りも終わり、やれやれと思っていたらパソコンが不調になり、新機種への移行に伴う設定に追われた。

 夕張メロンもいただく。
 夕張メロンもいただく。

2021・6・24

パソコン

 

 パソコンの調子が悪い。7年目。そろそろ買い換えかもしれない。電気店へ行き、売り場で約800グラムというパソコンを見つけて、やや迷いつつも購入。なんとか設定を終え、使用できる状態になった。

 


現実のでんすけすいか
現実のでんすけすいか

2021・6・19

でんすけすいか

 

「でんすけすいか」をご存じだろうか。北海道の当麻町特産品で、今夏の初セリではなんと、一玉50万円の高値がついた。

一玉50万円のでんすけすいか
一玉50万円のでんすけすいか

表面はつるつる、てかてかで、従来のスイカのイメージを覆すもの。

でも切ってみれば…う〜ん、これは50万ではなさそう。味はおいしゅうございました!

 


2021・6・16

サンドイッチ

 

サンドイッチをもらう。

揚げた卵焼きがはさんであるもの、各種フル一ツがはさんであるもの。

手間暇惜しまず作っていることが書かれた店主の紙が添えられている。

 


ビクともしない切り株
ビクともしない切り株

 不動院麻生さんのご助言の、除草剤を使っての除去も考えたが、ムコ殿Aはあくまで力技、ムコ殿Bはドライバーを使って攻め続ける。

ムコ殿Bは自慢のドライバーで
ムコ殿Bは自慢のドライバーで
地中深く伸びている気配…
地中深く伸びている気配…

2021・6・15

切り株、その後

 

 前住者が残していった木を伐採した後に残った切り株。その除去法を梅庵さん、不動院麻生さんから伝授していただいた。

ムコ殿Aは力技で
ムコ殿Aは力技で

 苦闘の甲斐あり、なんとか切り離しに成功するが…

苦闘の末、切り株の上の部分は分断できたが
苦闘の末、切り株の上の部分は分断できたが

 根は地中深く、深く伸び続けているようで、今後を考え、この先は除草剤で枯らすことに。切り株との戦いは続きます。

 

 


2021・6・13

小鰯

 

 広島では小鰯漁が解禁になり、さっそく買い求める。刺身も捨てがたいが、今回はフライに。

どっさり買っても数百円の安さ。
どっさり買っても数百円の安さ。

 出産後の娘たちに、骨までしっかり食べてカルシウム補給してほしいといううるわしい母心。翌朝、長女母子も自宅に帰り、1カ月半続いた長く、苛酷な「給食のオバサン」生活もようやく幕がおりる。

 

2021・6・

老母からの定期便

 

 札幌に住む満92歳の老母から手紙が届く。もう12年以上、月に1、2度届く定期便である。

同封の切り抜き
同封の切り抜き
 今年の母の日に贈ったハ一ブセットも   ぐんぐん成長しているとのこと。
 今年の母の日に贈ったハ一ブセットも   ぐんぐん成長しているとのこと。

 目が見えにくくなり、手足も自由が利きにくくなっているというが、定期便を出せるうちは元気なのだろうと思っている。

 

手紙枚2枚も添えられている。
手紙枚2枚も添えられている。

 自分で読んで面白いと思った新聞記事が同封されているのが常だが、今回は庭の写真も入っている。

三年前の母の日に贈ったシャクナゲの写真   &母による解説文
三年前の母の日に贈ったシャクナゲの写真   &母による解説文

2年前、お嫁さんからもらった「銀河」
2年前、お嫁さんからもらった「銀河」

 ようやく次女母子が帰り、ヤレヤレと思っていたら、なんのことはない、赤ん坊を連れて昼間に顔を出し、夕飯用のおかずを持って帰る。

切っても生える優秀ネギ
切っても生える優秀ネギ

2021・6・3

給食のオバサン

 

 長女、次女のお産も終わり、赤ん坊を連れて里帰り。にぎやかではあるが、ご飯支度と洗濯に追われて一日があっという間に過ぎる。

  今年、娘からもらった    カ一ネ一ションも屋外で育てる
  今年、娘からもらった    カ一ネ一ションも屋外で育てる

 洗濯物はいくぶん減ったものの、相変わらずの「給食のオバサン」生活。久しぶりに玄関先を眺めると、紫陽花の蕾が開きはじめている。

 


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

書店では取り扱いません。

残部僅少!

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら