2021・12・4

エ、エーッ!?

 

 どんぐり柄だと思い込んでいた結城紬。植物に詳しい望月信子さんから「干し柿とナスでは?」というご指摘を受ける。

エ、エーッ!? 

われながら、あっぱれな感性(笑)

 その結城紬を着て「日本外史を読む会」でお勉強のあと、2カ月に1度の句会へ。新型コロナの影響で句会もメールでのやりとりになることもあったけれど、やはり直接会ってワイワイ語り合うのは楽しい。

 

 


2021・12・2

結城紬

 

石村良子代表から結城紬の着物をいただきました。趣のあるどんぐりの柄。明日、外出予定があるので、袖を通してみます!

 


2021・11・29

ラインで

 

 ラインで、札幌に住む母や姉妹と4人で、つかの間のお喋りを楽しむ。映像も見られるので、作ったばかりの「柿と大根の甘酢和え」などを見せ、味噌作り、ルーツの話も。今さらながら便利な時代になった。

 


 100均のスノコに、念のためラップを敷く。具は牛肉、卵焼き、胡瓜、青じそ、鮭、ニンジンなど。

2021・11・22

巻き寿司

 

 家族が集まるので、久しぶりに巻き寿司を作ってみた。

 ご飯の水分量がやや多かったかな。でも好評でした!

 

 


 この日は料理教室への参加ではなく、ランチをいただくこと。

 調度品は、中国から少しずつ運びこみ、手を加えたとのこと。

 

2021・11・17

中国人のお宅へ

 

 札幌に帰る前、自宅で料理教室を開いているという中国人のお宅にお邪魔した。


2021・11・16

1年3カ月ぶり②

 

2日目 母が作ってくれた朝食
2日目 母が作ってくれた朝食
北海道の寿司は赤いのだ
北海道の寿司は赤いのだ

 朝食に出てきた黒豆。「シワがないね。作り方を教えて」といったら、母はすました顔で「買ってきた」と。時短だね。

 

母が作ってくれた朝食
母が作ってくれた朝食
庭に咲く花
庭に咲く花

2021・11・15

1年3カ月ぶり

 

 1年3カ月ぶりに札幌の実家へ。

93歳の母も元気そう。

おいしい刺身
おいしい刺身

想像したより、札幌は穏やかで、実家ライフを満喫中。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

書店では取り扱いません。

残部僅少!

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら