チェーン店のようだが、従業員の日本語は片言程度。

 

料理の香辛料も、明らかに日本のものとは異なる。とりあえず台湾へ行った気分に。

 

それにしても量がハンパない…

 

2018・5・4

行ったつもりの…

 

通りがかりに「台湾料理」の看板。お腹が空いていたので、入ってみると…

まずは前菜のつもりで頼んだビールセット。  これだけでじゅうぶん。
まずは前菜のつもりで頼んだビールセット。  これだけでじゅうぶん。

 今回は白い豆(福豆)の煮豆に挑戦
 今回は白い豆(福豆)の煮豆に挑戦

先月、13年ぶりに解決した広島県廿日市の女子高校生殺人事件。こちらも鹿嶋容疑者が起こした暴行事件で、被害者が警察に通報したのがきっかけであった。鹿嶋容疑者はノーマークだったという。

前回の反省を踏まえて「びっくり水」    (さし水)の回数を増やす。
前回の反省を踏まえて「びっくり水」    (さし水)の回数を増やす。

2018・5・1

広島県警の8500万円

 

連日、広島県向島に潜伏していると報道されていた平尾受刑者。身柄確保されたのは、なんと、広島市南区の路上。ネットカフェ店員の110番通報が逮捕につながった。

水に浸す。
水に浸す。

広島県警広島中央署の会計課の金庫から現金約8500万円が盗まれていた事件から、5月8日で丸1年。

はたして広島県警は機能しているのだろうか…などといらぬ心配をしているうちに、ふっくらつやつやの煮豆ができあがる。

 

 


一昨年、上海に行ったときに買ったビニール製の花瓶。

水菜もなんとなくお洒落(笑)
水菜もなんとなくお洒落(笑)

2018・4・21

久しぶり

「さて、なんでしょうか④」

 

テーブルの上に置いてある青い模様入りのビニール。

さて、なんでしょうか。

中に水を入れると、花瓶になる。写真のように「野菜立て」にも利用できる。

使わない時は水を捨てると、ただのビニールになり、収納しやすいすぐれ物。

 

 


花持ちがよく、生け花やフラワーアレンジメントに使われるが、一般的な切り花や仏花には向かないという。なるほど。

ネットより
ネットより

2018・4・18

プロテア

 

絵の教室に行くと、見慣れない花がある。「プロテア」といい、南アフリカから熱帯アフリカに115種があるという。ギリシャ神話で、自分の意志でその姿を自由に変えられる神プロテアに由来している。


2018・4・11

詐欺師からの葉書➁

 

また来た。詐欺師からの手紙。

 

3月7日より文字が小さくて、読みにくい。

 

とりあえず読んでみるが、相変わらず意味不明。

 

消印は東京。

 

ポイ。

 


2018・4・4 句会の夜➁

 

兼題の「三月」を詠む句を考えていた時、2011年の東北大震災で餓死した乳牛の映像が流れた。あれから7年…。

 

餓死したる乳牛の塚草萌ゆる 典鳥

 

 

2011年福島の牛舎 ネットより
2011年福島の牛舎 ネットより

店主の池田クン イケダヤのホムページ

さて、今回の兼題は「蝶」「三月」及び自由題。最近、見ることが少なくなった蝶。思い出したのは、以前比治山の陸軍墓地で見た蝶。

 

 隙間なき兵卒の墓狂う蝶 典鳥

 

次に心象風景として詠んだ句。

 

 緋色なる陸軍墓地の山桜 典鳥

 

まずまずの得票であった。

 

 

2018・4・1 句会の夜

 

広島市では桜が満開の夜、句会が開かれた。会場は薬研堀に昨年オープンした「イタリア食堂イケダヤ」。愚息の小、中学校からの友達池田クンの店である。食材にも凝っていて、どれもおいしい。

陸軍墓地の蝶は上下に激しく飛んでいた。
陸軍墓地の蝶は上下に激しく飛んでいた。

1月半ば 広島の川には多くの雁木が残る
1月半ば 広島の川には多くの雁木が残る

けれど初心者にはむずかしい題材。手に余り、放置しておくうちに…

3月26日 同じ場所に春の訪れ
3月26日 同じ場所に春の訪れ

そういうわけで、あわてて桜を描き加える。こうなることは予測がつくのだから、構図そのものを、桜を入れて考えるべきであった。

 

 

 

 

 

 

2018・3・28

誤算-季節は流れて

 

「そうだ、雁木(がんぎ)を描こう」と思いついたのは今年1月半ば。広島で雁木は船着き場に降りる階段を指す。舟盛んな頃の名残で、現在は活用されていない。        

とりあえず描く
とりあえず描く

一昨日、同じ場所を訪ねると、な、なんと桜が咲いているではないか。

 一応、完成ということで…
 一応、完成ということで…

ほうれん草は2週間前は一把298円だったけど、今は特売で68円!

軽く塩を振り、しんなりさせる。
軽く塩を振り、しんなりさせる。

お豆もつやつやして美味しそう。

火加減が強すぎ、割れてしまったけど(写真右)砂糖控えめでやさしい味に。とうぶん菜食系でいきます。

 

 

2018・3・26

肉食系から菜食系に

 

葉物野菜が安くなった。

 ブロッコリー
 ブロッコリー

大根も安い。きゅうりとシーチキンとゴマを入れて大根サラダに。


モモ肉にのっているのはワサビ。辛っ!
モモ肉にのっているのはワサビ。辛っ!
ニンニクの芽
ニンニクの芽
何の料理だったか忘れる(笑)
何の料理だったか忘れる(笑)

2018・3・20

Bグル会

 

久しぶりのBグル会に参加。Bグル会とは「B級グルメ」を味わう女子会。今回は焼き鳥である。

大好きな皮(上)とつくね
大好きな皮(上)とつくね
オクラ
オクラ

某カープOBの子息が経営。大型スクリーン完備で、野球観戦しながら飲めるカープファンには嬉しい店。

 

 


2018・3・16 「空海」詐欺師は映画の世界にも②

 

石村代表のブログで現在公開中の映画「空海」の原題が「妖猫伝」だと知る。原作は夢枕獏だからね。伝奇小説の第一人者だ。

 

「妖猫伝」なら、納得できる内容であり、よくできていると思う。制作に長い時間と費用をかけているのもわかる。ただ、「妖猫伝」というタイトルなら、私は劇場には行かなかったろう。

 

「猫好き」の人は気づいていないかもしれないけれど、世の中には「猫嫌い」という一群の人々もいる。「猫好き」だけれど、「化け猫」は苦手という人もいるだろう。

 

パッケージと中身が違いすぎる。それが問題。

 

2018・3・15

「空海」詐欺師映画の世界にも

 

空海は定期的に映画化される。若いころから空海ファンの私も、今まで2回見ている。で、今回も楽しみに出かけたのだったが…、ひどい!まったく空海の話ではない。なぜこの映画のタイトルが「空海」なのか、ひねった首が元に戻らない。皆様、詐欺師は映画の世界にもいます。ひっかった私が悪いのか。お気をつけ遊ばせ。

 

 

最初から最後まで空海が出ずっぱりにもかかわらず、空海の話ではないという「幻術」映画である。
最初から最後まで空海が出ずっぱりにもかかわらず、空海の話ではないという「幻術」映画である。

消印は東京
消印は東京

2018・3・7

詐欺師からの葉書

 

「消費料金に関する訴訟最終通告のお知らせ」という葉書が届く。詐欺師からのものだ。この手の葉書は絶対に電話をかけてはいけない。

「だまされませんよ」と独り言をいいつつビリビリ破き、後で「そうだ、ブログに載せよう」と思った結果が左のビリビリ写真(笑)

皆様、お気をつけあぞばせ。


インターネットにも注意喚起が載っている。

 

法務省管轄支局「民間訴訟告知管理センター」というところから、「消費料金が未納となっている」「訴訟手続きに移行する」との内容のハガキが届いたとの相談が複数寄せられています。消費生活センターで調べたところ、法務省に「民間訴訟告知管理センター」という組織は存在しないことが確認されました。

  これは、ハガキの内容に驚き、問い合わせをしてくる方を狙って、言葉

 巧みにお金をだましとろうとする詐欺の手口です。問い合わせ先に連絡

 するように記載されていますが、連絡をしてしまうと脅迫される場合も

 ありますので、無視をするようにしてください。

              和歌山市の市民環境局市民部市民生活課

 

2018・3・6

冤罪被害者 煙石博さん

 

偶然、煙石博さんとお会いした。中国放送の人気アナウンサーだった煙石さんは2012年9月、広島銀行大河支店に行き、まったく身に覚えのない窃盗罪で逮捕される。


あらましはこうだ。①母親の不動産業を手伝う女性(当時49歳)が広島銀行大河支店の記帳台に「66、600」(66、600円の意味)などと書いた白封筒を忘れる。②女性は銀行に再来店、白封筒の中が空だったのを見て「お金が入っていたはず」と主張。防犯カメラの映像を見せてほしいという。防犯カメラの映像は警察に被害届を出さなければならないといわれ、被害届を提出。③防犯ビデオで、記帳台に近づいたのは煙石さんただ一人。煙石さんは銀行にお金を下ろしにいっているので、記帳台に近づいたのだが、この防犯カメラに写っていたことを理由に逮捕となる。④裁判で検察は煙石さんが白封筒から現金を抜き取り、封筒だけを記帳台に戻したとしたが、そんな面倒なことをする窃盗犯がいるだろうか。しかも白封筒から煙石さんの指紋は出ない。そもそも防犯カメラに煙石さんが白封筒を手にしたり、戻りたりする映像などないのである。

一審、二審での有罪判決を受け、最高裁へ上告。4年余りの歳月が流れ、2017年2月ようやく無罪判決が下る。一、二審で有罪判決が出て、最高裁で無罪判決が出るのはなんと0、038パーセントしかないという。

それにしても事実を知るほど、なぜ煙石さんが逮捕されたのかわからない。言いがかりのような形で逮捕され、貴重な歳月や仕事や人間関係を奪われ、多額の裁判費用を払い、検察からも刑事からも、当初は被害者とされた女性からも謝罪の言葉はないという。ご本人はもちろん家族が受けた苦痛はいかばかりだったか。

 写真は「冤罪ファィル28」より
 写真は「冤罪ファィル28」より

私はずっと以前、煙石さんがパーソナリテイを務めるラジオ番組に呼んでいただいたことがある。それが縁で、頼山陽記念文化財団の会報「雲か山か」のエッセイの執筆を煙石さんにお願いする橋渡しをした。エッセイといっても、原稿料など出ない。つまりタダ働きである。にもかかわらず、煙石さんはこころよく引き受けてくださった。「黄金山の名付け親」について書いてくださったと記憶する。偶然お会いしたとき、煙石さんにかつてと同じ笑顔が戻っていたのが嬉しかった。

 

 

2018・2・25

姑の誕生会

 

少々早けれど、子、孫、ひ孫が集まり、姑の誕生会。

満91歳。「長生きはするもんじゃね~」だって。

 

 


札幌のおいしい生チョコレートを札幌のR子が送ってくれる。「義理チョコ」ではなく「友チョコ」ね。

ありがとう!

 

2018・2・15

「義理チョコ」ではなく…

 

14日はバレンタインデー。


2018・2・12

さて、なんでしょう③

 

これ、何かわかりますか? 

毛糸? 猫か犬の毛? 

正解は「白髪」


姑の髪が伸びたので、カットする。誰がって? もちろん私。美容院に行かなくたって、ハサミさえあれば髪は切れる。「さっぱりした」と喜んでくれた姑は来月、満91歳。白髪はキラキラ光っている。

   見延典子
   見延典子

 

見延典子著

明治維新から150年

紀行エッセイ

 『私のルーツ

 通信販売「限定」  

    発売中!! 

 

『汚名』(本分社)

 

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら