2018・1・17 『私のルーツ』予約について

 

本ホームページを通じて『私のルーツ』をご予約下さった皆様、ありがとうございます。1月28日発行に向け、順調に作業が進んでおります。

 

本書は書店、頼山陽史跡資料館での販売はありません。引き続き、本ホームページでご予約を受け付けております。

 

見延典子のルーツにご関心のある方のみならず、ご自分のルーツについて書きたいと考えている方、日本の近代史、北海道史にご関心のある方に読んでいただきたい一冊です。

 

本ホームページでご予約いただいた方のみ署名、落款をお入れします。アマゾンでも販売しますが、こちらは署名、落款は入りません。

 

お問い合わせ、お申し込みはメールから。➀ご住所 ②お名前 ③冊数。ご連絡いただいた方には振り込み方法をお知らせ致します。

 

よろしくお願いいたします。

 

オリンピック選手と先祖は同じ?  見知らぬ男性から「ご先祖を知っています」と声をかけられ、ママ友から300年前の先祖の系図をもらう。真相を確かめるべく、北海道札幌市、福井県越前市、徳島県美馬市、大連旅順へ〝ルーツ探しの旅に出る。明治維新から150年。激動の時代に屯田兵、農民だった札幌市出身の作家見延典子の先祖はいかに生きたのか。著者による題字、装画、挿画、装丁、編集。秘蔵の家族写真や図など100枚入り、系図付き。読みやすいA5サイズの紀行エッセイ。「頼山陽」公式ホームページ連載に大幅加筆。1200円(税込み 送料無料)

 

2017・12・23

『私のルーツ』予約開始

 

来年1月28日、見延典子の紀行エッセイ『私のルーツ─先祖はなぜ北海道に渡ったのか』が刊行されます。

 

2年前から本ホームページで書いてきた事柄に大幅に加筆し、系図や秘蔵写真も掲載しております。

紀行エッセイ 見延典子著『私のルーツ』
紀行エッセイ 見延典子著『私のルーツ』

著者の言葉 

2016年春から始めたルーツ探しの旅は、奇跡のような幾つもの出会いがあり、福井県出身父方の祖父「見延」、徳島県出身母方の祖母「中山」、それぞれ300年前の先祖に辿り着くことができました。そこで表題『私のルーツ』副題「先祖はなぜ北海道に渡ったのか」として一冊にまとめ、題字、装画、挿画、装丁、編集も自分で行いました。系図や未公開の家族写真なども多数収録。明治維新から150年を迎える年に私なりのメッセージを込めたつもりです。

 

紀行エッセイ『私のルーツ─先祖はなぜ北海道に渡ったのか』

サイズ   A5版 240ページ (四六版より大きめのサイズ)

価格    1200円(税込み、送料無料)

発売日   2018年1月28日

 

ご予約方法

『私のルーツ』は一般書店や頼山陽史跡資料館ではお求めになれません。

以下の➀か②を介しての販売になります。

 

   ➀「頼山陽ネットワーク」公式ホームページ

   ②Amazon(Amazonでも予約受付中です)

 

➀「頼山陽ネットワーク」公式ホームページのメールからご予約いただいた場合に限り、「著者サイン、落款入り」、送料無料、発売日当日お届けです。(ご予約いただいた方には振込み口座番号をお知らせ致します)

ご予約の際は「お名前とご住所」をお知らせください。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

<お知らせ>

 

見延典子著、紀行エッセイ『私のルーツ-先祖はなぜ北海道に渡ったのか』が来年1月刊行の運びとなります。

 

詳細については近々お知らせいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 

※『私のルーツ』発刊に伴い、本ホームページで連載していた「私のルーツ」➀~⑤、「見延選手を応援」➀~③は閉じました。ご了承ください。

 

 


   見延典子
   見延典子

 

見延典子著

明治維新から150年

忘れられた日本史に生きる

紀行エッセイ

 『私のルーツ

 通信販売「限定」  

   1月28日発売 

 「予約」受付中

 

『汚名』(本分社)

 

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら