献立表表紙
献立表表紙

献立表を見せていただく 表紙に式者の名前「年は61歳にして白髪なり」中は式の様子 献立が事細かにかいてある

私が注目したのは 最後 次の間として 煎茶道具の展観がしてあり道具名も書いてある 

「次の間 煎茶道具 飾りつけ 瓶掛け桐の台大なる分 古木の盆 茶具は籠組 茶入れ古錫 茶台は古錫にて大型 取り合わせの台の急須は朱泥 茶合唐物」と書かれている。

 

 

 

2017・10・14

明治時代 竹原から広島へ婿入り

 

明治34年10月16日 広島M家に竹原頼家より婿入りが有った 屋形船5艘を仕立てたという

M家の水楼にて33晩の婚儀

Mさんのお爺さまは、婚礼の席に道具を飾るほど 煎茶家であることを(私の流儀 賣茶流の手書きの指南書が残る)誇りに思ってくださっていたのだろうか。会った事のないお方だけどなんだか親しみを感じる。

イメージ配置  明治時代渡りの道具    盆は讃岐彫り
イメージ配置  明治時代渡りの道具    盆は讃岐彫り

 生田神社献茶祭 左端殷勤老師と大煕和尚
 生田神社献茶祭 左端殷勤老師と大煕和尚

両社とも宝仏殿などに頼山陽に関する物が残っているという(両社宮司さんの言 お二方とも親切やさしいお方でしたが 残念ながら時間の関係で 山陽の物は見ることが出来なかった) 

茶席 床軸は田能村竹田養子田能村直入画賛
茶席 床軸は田能村竹田養子田能村直入画賛
水戸光国像 平櫛田中作
水戸光国像 平櫛田中作

2017・10・6

生田神社と湊川神社

 

生田神社で献茶祭が斎行され茶席担当するために神戸に 前日湊川神社に参拝する 

 雅楽
 雅楽

湊川神社で茶席の下見をする、あいにく宝仏殿は休み ここは楠木正成を祭神としており正成は1336年525この湊川の地で足利尊氏と戦い殉節した(湊川の戦い)

湊川神社 本殿内に平櫛田中作の狛犬がある
湊川神社 本殿内に平櫛田中作の狛犬がある

その墓は長らく荒廃していたが、徳川光圀が「嗚呼忠臣楠子之墓」の石碑を建立した。以来、水戸学者らによって楠木正成は理想の勤皇家として崇敬されたという。


   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら