石村良子代表のブログです。

2019・8・4

頼山陽の習い事

 

36歳の正月 山陽は苕華先生(ちょうかせんせい)の門を訪れ煎茶の法を学んでいる

右の写真は「煎茶法入門の賦」


()けんと()君家(くんか)陸羽(りくう)(きょう)  (ころも)整え雪(ととのえゆき)()いて(げん)(てい)(いた)

(いかる)()めよ弟子束(でしそく)(しゅう)(うす)しと  肪玉檀香(ぼうぎょくだんこう)(とも)((いっ)(ぺい))()

 

この()()えにしたという

太田午庵筆「嶺松蘆記乃図」には縁側で如意棒をもち煎茶を楽しむ頼春水の姿が描かれるが 山陽の煎茶趣味も父譲りのようだ

話し変わって 現在私も頼山陽史跡史料館で 頼稘一先生による古文書教室に20年通っている 「古文書は難しいでしょう」「みんな読めません、読めるの先生だけです」なぜ行くのか、その答えは まずは見学においでください、

頼山陽全書 表紙裏「嶺松蘆」に描かれた煎茶道具
頼山陽全書 表紙裏「嶺松蘆」に描かれた煎茶道具

現在山陽の母の父飯岡義斎の娘静への手紙読んでおります、独占するのが勿体ないほどおもしろいのでお誘いします。先生は山陽のような礼は期待しておられません たぶん

 

 表紙
 表紙

 

松陰と三樹三郎他が処刑された後、毛利藩士の手によって小塚原刑場の側に埋葬、のち遺骨を目黒若林に改葬された時の様子、さらに、この時三樹の遺骨が分骨されたが、その後の顛末も書いてある。

人によって気に成ることは様々とはいえ疑問が晴れ 是も一楽。

 

2019・8・2

吉田松陰と頼三樹三郎

 

以前 頼三樹三郎28歳の手紙を紹介したことが有る それ以来三樹三郎の文字が 目に入るようになった。 広島萬象園について調べていたら 同じ雑誌中横山雅男という方が頼龍三、俊直の二子の要請で生々しく述べておられる。

 昭和14年 横山雅男 
 昭和14年 横山雅男 

2019・7・26  見延典子「游明朝体の件」

 

石村代表のブログにお邪魔します。

「游明朝」の件、石村代表と同じく、マイクロソフト社のパソコンを使っている私も「被害」に遭い、「頼山陽ネットワーク通信」では修正しきれず、失礼しました。

 

結論からいって、マイクロソフト社はアメリカの会社ですから、そもそも「縦書」なんて重視していないのでしょう。それに対して「游明朝」は「時代小説が組めるような明朝体」を目的に、日本の字游工房がつくったもので、拙著でも使用しています。

 

石村代表はソフトをダウンロードして、支障はなくなったそうですが、私はやや古いタイプで、マイクロソフト社に問い合わせたところ、「セキュリティに問題が生じるので、申し訳ないが、今の状態で使ってください」というような回答でした。

 

私の場合、プリンタ一もそうですが、パソコンも保証期間を過ぎて、故障しても対応してくれないことはわかっています。保証期間であっても不具合が生じた際、マイクロソフト社は販売店では対応してくれず、直接、問い合わせばければなりませんでした。

 

こんど買い替える際は、この点を踏まえたいと思っています。

 

 

2019・7・24

「犯人は游明朝」

 

犯人は游明朝と書けばわかる人には 解る パソコンで横書きの書類を作り 縦型に変え、パソコン上では正常なのにプリントすると、「」や句読点が有らぬところに。

縦型に変えた「游洛記」頼梅颸       読みやすい
縦型に変えた「游洛記」頼梅颸       読みやすい

わけがわからない。

頼山陽ネットワーク新聞の「こんなショットも」の部分もプリントすると()が変形するのも このためだった。

 

 

パソコン独学の石村は 悪戦苦闘。挙句先生に尋ねる(パソコンで探索)なんと、フォントの游明朝が原因だという、早速 MS明朝とかに変えると 正常に戻った。


 減りの見えるインクボトル
 減りの見えるインクボトル

インクボトル一本で白黒6000枚カラー7000枚。カラー0.8円、写真はイマイチな感じ、だがこれは使える。

頼山陽ネットワーク新聞も全部カラーで40部。資料も、はがきも好きなだけ作る。贅沢,ぜいたく。

 

2019・7・17

酷使無双

 

最近は茶会の案内、茶券に始まり季節の挨拶までパソコンで作成する。勢いプリンターのインクの消耗が激しい。

でビジネスインクジェットプリンターなるものを購入。

 ハガキも作る。
 ハガキも作る。

2019・7・9

昭和18年の茶道具

 

古い道具には時に新聞が包み紙として使われている 古物屋も当時物の証拠にそのまま入れている

新聞の方は年数はないが79日の日付け「豪州ブロックスクリークを連爆」とあり同じ昭和18年のようだ。

敗色濃い日本で茶托を彫る職人がいた。

右の写真=茶托の柄は不断草スイスチャード)(さい)(ざい)の音通で金持ちになるという縁起物

 

 

茶托の箱書きに昭和18年作とあり、作者のなくなる一年前の作 


(上の写真)「三谷春」の空き瓶,新酒を飲んだ後にペイントして麦茶入れに この写真のタイトルは「勝利(松と鯉)」

(右の写真)ペイントの鯉は、はがして張り替え出来る優れモノ

 

 

2019・7・7

鯉人

 

「しろうや!広島城」によると、広島城を鯉城と記した確認できる最古の人は頼聿庵だという 自らも「鯉城僲史(りじょうせんし)」や「三十六鱗魚(さんじゅうろくりんぎょ)城退士(じょうたいし)」と鯉 にちなんだ号を名乗ったりしたとか 


2019・7・3

死ねない人

 

広島城観光 大本営跡をていると、後ろから声が「ここにご興味をお持ちですか」 「ほどほどにです」

「私はここを再現しょうとしているんです、こういうものが立ってたんです」

一級建築士とかで「私の大本営再現設計図なら、私は右でも左でもなく、昔ここにあった建物を再現したいんです,建ったの見るまでは死なれんのです」

 地域創生創造振興機構代表理事  曽田誠二さん
 地域創生創造振興機構代表理事  曽田誠二さん

色々写真を見せてくださる、見たこと有るもの無いもの 文書館で苦労してあつめたとか 私の連れ「珍しいですね、どれかいただけませんか

被爆で焼失した大本営(左上)曽田さん作成設計図(上)

「建ったら戦争博物館にしていただけませんか」

「戦争の語を使うと許可がおりんのですよ、似た展示はするでしょう」

しかる所に設計図を含む計画書は出してあるとか。石村には大本営の建物がたしかに見えてきました。

 


1年半にわたりパリに滞在し、 欧州各地を巡行し、昭武の留学生活を支えている。旅中攘夷思想を粉みじんに打ち砕かれるほどのカルチャー・ショックを体験。他の随員たちの戸惑いをよそに、いち早く羽織・袴を脱ぎ、マゲを断ったという。

右の写真は遥甫会茶会で 優雅なお引きずり姿の(三谷春)林潤子さん

 

江戸、明治、変わったのは私たちの着物姿

 5年後キャッシュレス時代に渋沢栄一の新一万円札の運命は如何。

 

 

 

2019・6・30

変わった人

 

渋沢栄一1867年(慶応3)春、パリ万国博覧会に参列する 新調の旅装短い袴にブーツ将軍徳川慶喜の弟・昭武の随行員として渡仏した。

 徳川昭武がヨーロッパで 着用した陣羽織
 徳川昭武がヨーロッパで 着用した陣羽織

左の写真は薩摩藩使節長岩下方平、チョンマゲ、チョッキ、ハイカラーにネクタイ、その上に紋付羽織、袴の裾から黒靴が見え、チョッキと袴の間に脇差、右手に太刀というスタイル。


2019・6・25

尾道で

 

623日 林芙美子あじさい忌煎茶会が尾道で開かれた

偶然 尾道市長と同席になった まずは駅舎の改装、若い観光客増加のお祝いを

続いて猫党としては例のモスクワ問題 猫小屋まで作っていただいているのに恥をかかすのかと迫る 

 調子に乗った尾道生まれ石村は「子守歌にきいた西条八十の尾道小唄の復活をぜひ」市長「わかりました、明日の議題にあげましょう」と手帳につけてくださいました。市長、期待しております。

市長曰く「10時間かかるので、、」

石村「世界が続編を見守っています、市長だけでも行ってください」

市長「着ぐるみでも着ていきますか?」実にきさくで楽しい尾道市長です

左の写真=お土産に買った尾道備前焼佐藤苔助のマグカップ、コーヒーの味も格別、サラダには花桜エビのトッピング、夕張メロン。

 


菖蒲には ヨモギ 栴檀が 添えられ 邪気が家に入らないようにとの事です 

 

筍と柏餅 お手製の粽まで入って また一年病気知らずで参ります

 

2019・6・7

6月7日は端午節

 

竹原より今年も届きました 早速飾ります


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら