材料
 材料

右写真、右から〇焼きシイタケ(焦げ目がつくくらい焼いてさらし絞る)と竹輪大根和え〇到来の鮭の西京漬け焼き〇西城柿生姜醤油あえ〇長いも(頭の方が適)醤油バター焼き

 

 

2017・12・12

本日のあて

 

昨日の残り物であてを作る 柿の生姜醤油かけは今度は西条柿
トロトロも宜し


 本日の「宛(酒のさかな)」材料
 本日の「宛(酒のさかな)」材料

酒のあての話になり、剣菱に合うあてはと尋ねると「味噌、醤油味のものなら」といわれる。

すると若宗匠、先日山紫水明処で同趣旨の茶会のおり、京都頼家当主から聞いたと話し出した「柿をさいの目に切り生姜醤油をかけ、あてにする」

出来上がり右より 柿の生姜あえ

ホタテの醤油バター梅肉添え ごま味噌葱 くわい素揚げ アボガド

到来の岩国レンコン海老はさみあげ

 

2017・12・8

剣菱と京都頼家伝来の宛(あて)

 

頼山陽史跡資料館での「游心茶会」は、茶も酒も楽しもうという試み

剣菱白樫社長も参会くださった。

到来の岩国レンコン          穴が1ツ多く岩国藩吉川家の家紋に似る
到来の岩国レンコン          穴が1ツ多く岩国藩吉川家の家紋に似る

山陽が台柿を愛したという話は聞いたが、生姜醤油? で、貰い物の柿で作ることにした。結果は、簡単なのでぜひお試しください。

剣菱 2008年度グッドデザイン賞受賞
剣菱 2008年度グッドデザイン賞受賞

   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら