梅庵さんのブログ。広島市佐伯区石内在住の米作り農家。中国新聞(セレクト)に米山俊哉名義で「瀬戸内灯台物語」を隔週火曜日に連載中。

2020・6・25

瀬戸内さんぽ

 

ヒエ抜きはヒエ抜きで面白いともいえる。特に、朝5時から田んぼにでてミズスマシのように移動するわけじゃが、気持ちええことこの上なし。

 夏至の樹齢2600年大楠。元気そう
 夏至の樹齢2600年大楠。元気そう

でも毎日抜いとると術は進化しとるが、たまにゃあ息抜きも必要じゃて。

ということで、瀬戸内さんぽ。忠海から大久野島、大三島。いま人があんましおらんのでウサギも暇らしい。がらがら船内でカープ観戦いとおかし。

 

 


2020・6・20

米ぬか美人

 

 

梅雨の時分になると、今年も孔雀さんの乱舞が見れる。「なんであんたそんなに美人なん?」と問やあ、「うち、米ぬかでそだっとるけえよ」と答えんさるに違いない。

しかしこの孔雀さん。どんどん、どんどん増える。困った。

 

どなたか、お連れしてくだされ!

 

ご一報くだされば喜んで。

 

 


2020・6・10

数年前たしか

 

数年前たしか、例え明日世界が滅びようと、今日ボクはリンゴを植える

てな本が、若者の間でそこそこ流行ったような気がせんでもないが。

 

ワシは 例え明日世界が滅びようと、今日朝、ヒエを抜く。

美味いコメ作りの為に!

ああ、明日も、抜く。

誰か合鴨をわけてえ~

 


2020・6・8

棚田の朝

 

めっきり年を重ねてしもうた。

すると、必然的に目覚めるんもはようなる。

昔の人が「早起きは三文の得」とは、よおゆうたもんじゃ。

お天道様、今日もよろしくお願いしま~す。

 

 

 


2020・5・25

田植え

 

やっとできた。

合鴨捜しとるんじゃが、どっかにおらんかの~


 

2020・5・21

代かき

 

 

あたたたたあ~   

 

身体がえろう痛い。

 

やっとここまで来たで。

 

お天道様しだいじゃが、週末は田植え。

 

        ⇊


きのうは一日田んぼのほとりを鍬で掘り起こしとったんじゃが、おかげで今日は身体じゅうがえろう痛い。そうじゃ、今日は温泉へ行こう。

 

 

2020・5・17

田んぼに水をはる

 

代かきの前に、水を張った。ここらへんじゃ、もうすぐ田植え。

 

テレビ体操の前に、鍬担いで畔を歩くのが日課じゃ。山霧の中を歩いとったら明けてきた。


2020・5・15

ステイホームにおける 花いっぱい運動WITH蟹さん

 

欧州におけるコロナ急拡大寸前に帰国された、毎年渡仏して優雅一杯に芸術活動を続けられている某エコールドパリ婦人に、花が咲くのを忘れた?サクラをいただく。

 

すると、風雅一杯梅庵は、田んぼにそばの川岸に植えることになる。ほんで、隠れていた蟹さんが驚いて飛び出してくる。つまりは、ということで「ホーム晩酌」のおつまみセット一丁できあがり~!

 


2020・5・10

「連載の再開」

 

ステイファーム中のはずの梅庵ですが、さにあらず。

 

もちろん火急の件で、岬巡りの歌を口笛で奏でながらナンバープレートの予備を活用しながら? 再び瀬戸内を巡っております。

 

来週火曜日から月二です。

 

 


2020・5・4

カエル君

 

 

一雨降って、カエル君も大喜び。台風でもないのに、花に隠れてます。

 

オフレコですが、なんだ。察するにカエル君、単にフェロモンに誘われて~?

 

 

 


まあ、東京や大阪の大都会じゃったら「すてい ほーむ」せにゃならんじゃろうが、地方都市じゃったら、

「すてい ほーむ with ふぁーむ」ぐらいで、わしゃ、ちょうどええ思うんよ。

2020・4・30

STAY FARM

 ~家にいるなら 畑()にも行こうじゃないかいのう~

野菜は裏切らんよ。ペットもそうかもしれんが、「自給自足」もそのうち付いてくるかもしれんで。ほんで自分で作ったもんはうまい。ペットフードを大枚はたいてかわんでもええなる。永遠に。

無農薬じゃし、いずれわしゃあ、自然農法をめざすぜえ~!

資本主義のおかげで、休耕田はいっぱいある。都会以外は土地が余っとる。残念ながらここ石内もそう。

まあたぶん、戦時中を経験されとるかたは別に寺山さんじゃのうても、ちょっと思い出しながら、子供さんたちにゆうとりんさるかの。


「書(パソコン・テレビ画面)を捨て 野に出よう」とか。

たまさかの機会で、いままで見えんかったものがよお見えるで。今じゃあ鳥のさえずりもより聞こえ、そりゃ煩いぐらいじゃ。じゃがついでに自給自足(安う安全に食料を調達)できたら御の字じゃないかのう。

まあ、世はあまりに急激な変化じゃが、野菜は、自然はあんまし変わらん。空気はおかげでうもうなった。昭和時代を思い出すの。わしも歳をとったもんよ。

 

2020・4・22

荒おこしと満開

 

荒おこしの済んだ田んぼのすぐ横。ホームセンターで買うた桜は、やっと満開じゃ。

 

居酒屋がしまっとりゃ、つい独酌となるの。山から小鳥のさえずりがBGM。やっぱり花見酒は旨い。

 

 

花だけじゃのうて、山も色づいてきた。空気は澄んで、まるで昭和時代のよう。

 

 

今年も来月は田植えじゃ。

 

 


2020・4・5

神原の枝垂れ桜

 

編集長さんや「ひろしまフォトあるき」さんも行っとっちゃったんで、つい出掛けたんじゃが,

今年は、「時代の潮の変わり目」ゆうんかいの。いろいろあるけえか、どうにも桜花が目に染みるで。

記録的な暖冬にも不動心じゃの。

大自然の法則通り、いうんか、神原の枝垂れ桜さん。平年並みの満開宣言ときた。

こりゃ、お見事。

あ、普通は、燈台下暗しというんじゃろうてえ。たいして地元じゃあ、あんまし驚くこともないんじゃがのう。

写真はいずれも、令和2年4月4日の艶姿。
写真はいずれも、令和2年4月4日の艶姿。

2020・3・18

サブかったり温かったり春の雪

 

昼間は雨になったんじゃが、昨日、よう数えたら枝垂れ桜の蕾、56輪は開いとる。

ほりゃ開花宣言じゃあ、というてもやっぱり寒(さぶ)い。


 まあ、今日はええ天気になりそうじゃが、オテントさんも人がええの。なんか俗世にあわしてからかのう、乱高下しとってじゃあ。

 

ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

 ご予約承り中!

9月10日発売予定

書店では取り扱いません。

部数限定。稀覯本かも?

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら