梅庵さんは広島市在住の米作り農家です。現在、中国新聞セレクトで

米山俊哉として「瀬戸内海ふぉと紀行」(隔週日曜日)を連載中。

2019・12・8

梅庵さん「海霧を見に…」

 

海霧を見に、三原へ行ってきたで。早朝は特にさぶい。

ということで、今日(第二日曜)の「瀬戸内ふぉと紀行」を見てみんさい、ということなんじゃ。なんやあ、と、まあ、言いんさんなや。

 

 

芸予の海で、しぶい漁船が、何か、運びよる。


中国新聞社発行
中国新聞社発行

秋はやっぱり「ゲイジュツの秋よの」と加盟店セレクション?コーナーを見つとったが、ありゃ~、どっかで見た顔じゃの~

ありゃ?あの方は

晩秋になって初めて発見した記事じゃが、某カ一ドを提示したらなんじゃと2割引き~なんじゃと

なんや、ほうだったんかい。

うん?知らんのはワシだけ?

※頼山陽史跡資料館はJAFカ一ドを提示すれば2割引き。65歳以上は無料です。

          頼山陽ネットワーク事務局

 

2019・11・24

梅庵さん「ありゃ~あの方は~」

 

昨日、親戚のおばさまが「ちいたあ、毛利のことでも、勉強しんさい」と、フェニックスなる冊子をくれんさった。9月号とある。ほうじゃの、城跡めぐりでもしよかいな。


 パレードできてよかったのう。
 パレードできてよかったのう。

2019・11・11

梅庵さん「瀬戸内海クル一ズ2」

 

さて無事、松山三津浜港に接岸。

松山城が木々の間から見える。イチョウの葉っぱがやっとこさ色付きはじめとった。(左の写真)

 夕焼けがほんま、綺麗
 夕焼けがほんま、綺麗

夜の道後温泉はカット。ほんで今回見たかったんは、忽那諸島に落ちる夕陽じゃったんよ。蜃気楼付きの。もうすぐ冬がやってくるのう。

 

 

お!ひょっとして、これがあの新造船かあ?

2019・11・8

梅庵さん「瀬戸内海クル一ズ」

 

こりゃあ、ええ塩梅じゃ。

平日じゃけえ、がらがらじゃあ。芝生でちょっと一休み。すっきりしたあ~

 

おお、音戸の瀬戸に橋二つ。(下)

 

ええ日和ですのう。向うに見えるは忽那諸島。(左) 

              続く

 


柚子
柚子

温州みかんも今年は豊作じゃてえ。柑橘当たり年。

ええ天気じゃの。

おやつの時間にゃ、これを捥ぐ。喰う。すぐ寝る

 

2019・11・3

梅庵さん「柑橘」

 

今年はよおなった。竹ざおが届かん。どおしょうかいの。去年はさっぱりじゃったし。気紛れゆずじゃ


まあ、訳知り顔の大人は、「ごみは分別して捨てましょう」とかゆうんじゃろうが、所詮、万物、土に還るんよ。ありゃあ、わしも「訳知り顔」じゃのう。まだまだじゃ。

2019・10・17

梅庵さん「里山は実りの秋」

 

お祭りが帰っていきんさった山里は、実りの秋。

疲れたらもいで喰う。もちろん立喰いよ。皮は自然に返す(そこらへんに放る)。当たり前のことじゃ。

 こりゃあ今年は植えとらんはずじゃが、たい肥から種が芽吹いた?
こりゃあ今年は植えとらんはずじゃが、たい肥から種が芽吹いた?

まあ、訳知り顔でいやあ、「逞しく生きていこうね」という人間様へのメッセージじゃろうて。

 

 


鬼の居ぬ間に洗濯、じゃのうて、稲刈りじゃった。谷のあっちこっちで稲刈り三昧。

昔は手で刈って、ハゼ干ししたもんじゃのう。

2019・10・12

稲刈り三昧

 

台風はちょうどこんかった。東海、関東は大変じゃわい。来年から、どうなるんかのう。

朝早うから水管理やら、いろいろじゃったが、やっとおわったのう。

骨休みに一か月ほど湯治に行ってきます~、俵温泉にしょうかのう、いやいや、やっぱし別府の湯がええかの、芝居も観たいのう~という気分じゃ。

 


幻想的な花が…
幻想的な花が…

こりゃあ映像に残して、後世に伝えんといけん!

なんちゅう名かは、存じあげねど。

まあ、花ことばは、たいがい予想はつくがの。どうせ、「永遠の愛」とか、なんちゃらゆうんじゃろうてえ。

2019・10・7

梅庵さん「永遠の愛」

 

ありゃあ、いつの間にか、にょきにょきと幻想的な花が咲いとるで。


夢中で茂みに分け入って、夢中でシャッターを押しとったら、

蜘蛛さん、こんにちは。蜘蛛の糸で、わしは絡めとられたんじゃ。ははあ、あんたと「永遠の愛」か。

 

秋の、レッドとイエローのコントラストも鮮やかじゃ。

2019・9・30

梅庵さん「里山はもう秋」

 

稲穂は、だいぶこうべを垂れてきたで。クリは地上に転がり落ちて、イノシシと人間の早食い競争を誘い、


来月は稲刈り、手伝うてもろた人にゃあ、もれなく美味い落ち栗を進呈!どうじゃ。摑み取り~。

 

ちと暑いけど、さとやまは、もう秋。

 

2019・9・17

梅庵さん「岩子島」

 

岩子島という島が、尾道・向島の西にあるんよ。そこに、戦後復員兵が掘ったという手掘りのトンネルが残っとる。

トンネルを抜けると、そこは、もちろん、瀬戸の海じゃ。

島で出会ったご婦人によれば、ここで年に一二度、たまげるような夕焼けが見えるんじゃそうな。この歳になっても、胸がキュンキュンするんじゃと。

 

この岩肌の感触はええ。ホンマにのう。


 

能因ほ~し?百人一首におっちゃった?

3000―900=2100.

というこたぁ、能因さんは、この楠が樹齢2100年のとき、雨乞いをしんさったんじゃのぅ。

 

 

2019・9・9

梅庵さん「大山神社の田んぼ」

 

大山祇神社の田んぼ。なんとなく神々しい。収穫されたお米は、古来、新嘗祭で使うんよ。日本総鎮守とあるの。さすがよのぅ。


2019・9・5

梅庵さん「新業態への脱皮か?」

 

 

いやいや、ホームセンターで売っとった苗木を植えとったら、まあ、袋もかぶせずじゃがの、太陽燦燦浴びせとったら今年初めてできた葡萄。

 

 

もちろん無農薬。したがって、仕事の合間に立ち食いじゃ。美味いことこの上ないわい。

 

立ち食いの、快感(か・い・か・ん)~(薬師丸ひろ子調で)。美味い。

 


正直な稲も、出来た人も、そうゆうことじゃ

バッタ君は何狙っとるんかのう。

 

 

2019・9・1

すっかり秋ですのう

 

すっかり秋ですのう。里の稲穂に咲いた花が満開じゃ。もう少ししたら、頭が垂れてくる。


しまなみ海道はまるで陸続き。もちろん村上、小早川水軍の領海じゃったところよ。

大崎上島に上陸。桟橋に係留するのは広島商船の広島丸。

2019・8・25

竹原港から大崎上島へ

 

女子高生で賑わう竹原港からフェリーに乗ったんよ。

 

ずうずうしくも、広島丸の船窓から桟橋、広島商船をのぞむ。船長さんからすばらしいお話を伺うたで。

その内容が25日付中国新聞セレクト5面に出とるらしい。セブンイレブン以外のコンビニへGO!


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

 ご予約承り中!

9月10日発売予定

書店では取り扱いません。

部数限定。稀覯本かも?

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら