見延典子が書いています。

 「滅私奉公」は近衛文麿の揮毫
 「滅私奉公」は近衛文麿の揮毫

その桜井駅址で、1931年(昭和6)5月17日、頼山陽没後100年祭が行われた。楠木父子の永訣は5月16日だから翌日に行われたことになる。もちろん偶然ではない。

2019・2・16

桜井駅址(大阪府)③

 

桜井駅址は『太平記』で描かれるように、延元元年(1336)足利軍との湊川の戦いを前に、楠木正成が子の正行に遺訓を残して河内へと引き返らせ、父子の別れが行われたとされる場所である。

「楠公父子訣別之所」は乃木希典の揮毫
「楠公父子訣別之所」は乃木希典の揮毫

山陽詩碑(表は明治天皇御製碑)は同じ年の11月に建てられている。だがガイドさんは「頼山陽没後百年祭の話は初めて聞きました」という。(詩の読み下し、訳は進藤多万さんから伺った。別の機会に紹介したい)


説明板(下の写真)には、この地に桜井駅があったか今もわからないとある。作家の海音寺潮五郎のように、そもそも楠木正成 正行父子の別れがあったか疑問という指摘もある。にもかかわらず「忠臣」楠木正成は戦時中大いに持てはやされ、天皇のために命を落とすことが美談化された。「桜井駅址は戦争史蹟なのです」というガイドさんの言葉が耳に残る。

 左端に薄く「頼山陽翁過櫻井驛詩」と見える
 左端に薄く「頼山陽翁過櫻井驛詩」と見える

2019・2・14

桜井駅址(大阪府)➁

 

ガイドさんに「頼山陽を調べています」というと、「わかりました」といって、敷地内にある最も大きい、5、6メートルもあろうかと思われる石碑の前に連れていってくれた。

文政8年(1825)8月23日、頼山陽46歳のとき、姫路の仁壽山学問所に向かう道中で詠んだ詩。詩集の「遊播詩稿」に収録されている。「感而作歌」とあり、菅茶山に斧正を求めている。冒頭の「山碕西去」は当初「古驛蕭條」であった。

明治天皇の御製碑で「子わかれの 松のしつくに袖ぬれて昔をしのふ さくらゐのさと」とある。揮毫は海軍大将東郷平八郎。

裏に回ると、頼山陽の漢詩「過桜井駅址」の漢詩が刻まれている。

裏面は山陽の「過桜井駅址」
裏面は山陽の「過桜井駅址」

「七生報国」(左の写真)は、本来「七生滅賊」で、山陽もそう書いているが、軍国化の流れで変えられたという。山陽の詩についての説明板はなく「明治天皇」「七生報国」とのセットでは頼山陽の誤解は解けないだろうと思った。

          続きます。


左はJR島本駅舎。桜井駅址は右手にある。
左はJR島本駅舎。桜井駅址は右手にある。

桜井駅址は大阪と京都のあいだ、山陽道(西国街道)沿いにある。阪急水無瀬駅から歩いて5分。JR島本駅前である。公園入口には「史蹟櫻井驛阯(楠正成傳記地)」の石碑。「史蹟名勝天然紀念物法」により指定されたのは大正13年、石碑は昭和16年建立とある。日本の軍国化がまさにピ一クを迎えようとしたころだ。(訪問した2月10日は雪がチラチラ舞う日、写真の写りがよくないのが残念。ご容赦下さい。)

2019・2・12

桜井駅址(大阪府)①

 

頼山陽の没後の軌跡を一冊にまとめている。今更ながらではあるが、昭和6年(1931)、山陽没後100年祭が行われた桜井駅址へ出かけた。


まずは英公使パークスが明治9年に建てた「楠公訣児之處」碑(写真右)から。裏面(写真下)

寒風の中、敷地内に3、4人の姿が見える。「ふるさと島本案内ボランテアの会」の皆さんで、土日を中心に活動しているらしい。もちろん偶然、お会いしたのだが、これ幸いと案内していただくことに。

パークスには何らかの政治的意図があったのだろうが、その後楠木父子が戦争に利用されることまでは、予見していなかったであろう。


案内してくださったボランティアガイドさんと。パークスの碑の前で。

左の写真は桜井駅址の脇に伸びる西国街道。京都方面。頼山陽も歩いた。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

6月12日発売!!

『もう頬づえはつか  ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。悪しからずご了承ください。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

『汚名』(本分社)

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら