2021・4・13

石村良子代表

「中村憲吉 頼杏坪先生」

 

三次の中村憲吉記念文学館に行く。

詩歌で生計をたてることのできた時代 歌会が華やかであった時代が、たしかにあったんだと実感できる。

其の中の一節に「山陽の盛名とその不羈の生涯。謹直枯淡で縁の下の力持ちの如き一生を終つた杏坪先生。この相反した叔甥二人を対比して考へてみると、山陽の光彩ある生涯に対し、杏坪先生の粛然たる存在は、ある奥行を与へる一添景たるの感がする」とある

 広島県三次市布野町上布野  

 0824(54)2288

 10:00-18:00 月曜日定休

 

青空文庫にある「頼杏坪先生」、憲吉の杏坪観は三次に生まれ住んだ歌人の実感、観察眼で鋭く、共感できる。


絵本表紙
絵本表紙

頼杏坪(らいきょうへい)の業績と、三次町に残るかやぶきの役宅「運甓居」を題材にしてあるが、絵本なので見やすく解りやすい。

  庭の手入れをされる中村さん

  平成17年屋根葺き替えの時

2020・9・28

石村良子代表

「絵本 運居(うんぺききょ)」発刊

 

三次市「運甓居(うんぺききょ)を守る会」中村さんより本が送られてきた。

絵本裏表紙
絵本裏表紙

収益金を建物の維持管理や伝承活動に充てるという。絵本は千円。

 

三次市内の広文館と、CCプラザの書店スマイルで販売している。

 

私が初めて中村さんにお会いした時も運甓居(商工会議所に見学の申し込み必要)の掃除をしておられた、古文書で習った杏坪先生の実直なお人柄、三次の人々に受け継がれている。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

書店では取り扱いません。

残部僅少!

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら