現在の岐阜城(旧稲葉山城)
 現在の岐阜城(旧稲葉山城)

2020・4・17

山根兼昭さん

「美濃の国」と頼山陽

 

大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀の育った「美濃」が脚光を浴びておりますので、美濃の歴史と頼山陽について語ります。


1、美濃の歴史

岐阜県は、江戸時代まで北半分が「飛騨の国」、南半分が「美濃の国」でした。「美濃」の地名は、以前大垣青野、揖斐大野、各務野の総称が三野ー美野ー美濃と言われております。

室町時代後期、美濃の国の守護・土岐氏、守護代・斉藤氏(斉藤道三1494~1556)が治めておりましたが、1557年稲葉山城主・斎藤龍興を、織田信長が滅ぼし、以降「美濃」は信長が治めたのであります。この時、信長の美濃攻めで有名なのが、木下藤吉郎が、「起し」の対岸、墨俣に築いた一夜城であります。

また、江戸時代、尾張藩の領地は、尾張、三河、美濃でしたので、山陽の弟子・美濃の村瀬藤城は、「尾張53ヶ村の総庄屋」と言われる豪農でありました。

江戸時代まで、「木曽川」は「岐蘇川」と言われ、美濃の中心地「井ノ口」を信長が「岐阜」と付けたのも「岐蘇川」の岐、阜は丘陵地のことであります。

頼山陽の「舟大垣を発し桑名に赴く」の詩、「蘇水遥々海の入って流る・・・」と木曽川を蘇水と詠んでおります。

 

2、ドラマの登場人物

織田信長(1534~1582)、豊臣秀吉(1537~1598)、徳川家康(1543~1616)、明智光秀(不明)

419日放送は1553年の設定、信長19歳、藤吉郎16歳、竹千代10歳、光秀26歳?推定

1556年斉藤道三は息子龍興に敗れなくなります。1560年桶狭間の合戦、面白くなってきました。

このドラマで、明智光秀の印象が大分変って来たと思いますが、若し本能寺の変がなかりせば、信長、秀吉、家康の関係はその後どうなったか。

日本の歴史がどうなったか、「巣ごもり生活」で手持無沙汰の方はご推測ください。歴史にタラレバはないといわずに。

ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

『俳句エッセイ 日常』

 ご予約承り中!

9月10日発売予定

書店では取り扱いません。

部数限定。稀覯本かも?

 詳しくはこちら

 

石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら