特に記載のない場合は見延典子が書いています。

10年以上前、近くまで来たのに、諸事情から訪れることができなかった。高槻藩士であったため、邸宅跡は、高槻城跡から近い場所にある。

2019・3・8

大阪府高槻市「藤井竹外邸跡」

 

2月に大阪に行った際、高槻市まで足を延ばしてみた。頼山陽の門下にあった藤井竹外邸跡があるのだ。

竹外の墓は京都長楽寺の頼山陽墓所内にもある。そちらは遺髪と印章が納められているとのこと。頼山陽との交流期間はさほど長くはなかったが、かわいがられたのだろう。


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら