2015・12・12

頼山陽の生誕地(大阪市)

 

8年前(平成19年)の写真。

 

もっと前に現地を訪ねたとき、ここから100メートルほど離れたところにこの碑(向かって左)があった。

 

探したがなかなか見つからず、行きつ、戻りつし、物陰にようやく見つけた記憶がある。

 

 

それから程なく、現在の場所に移され、説明板(向かって右)が設置された。

 

山陽が生まれたのは「春水南軒」。どなたかから古い(たぶん戦前)写真を見せていただいた記憶があるが、川に面して家並みが続いていた。

 

父の春水はこの地で「青山塾」を開いていた。今はぐるりと見まわしても川はない。

 

 


   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら