Q 頼山陽(らいさんよう)って何ですか?

  

  A 人の名前です。

 

Q 日本人ですか?

 

  A はい。通称は頼久太郎といいます。

 

Q どんな人ですか?

 

 A 江戸時代後期を生きた文人です。

 

Q 文人って何ですか?

 

  A 現代でいえば、作家、詩人に近いでしょう。

   詩を詠み、文を書き、絵を描きました。現代においても作家、

   詩人としての収入だけで生活できる人は一握りです。

   頼山陽は江戸時代にそれを果たした稀有な人です。

 

Q 作家、詩人なら、著作はありますか?

  

  A あります。

 

Q 代表作は何ですか?

 

  A 一般的には『日本外史』です。

 

Q 『日本外史』ってどんな本ですか?

 

  A 源氏、平氏に始まり、徳川氏に至るまでの武家の興亡を描いた

  もので、かつては歴史書といわれていましたが、近年では歴史小

  説として見直されています。

 

Q なんだか難しそうですね。

 

  A 頼山陽は恋もしたし、離婚も経験しています。父親とは長い確

  執の末、和解しています。人生の苦悩を経験しつつ、大人になって

  いく。そういう意味でわれわれ現代人と変わりないと思います。

 

※詳しく知りたい方はリンク先の「頼山陽史跡資料館公式ホームページ

 の「頼山陽とは」をご参照ください。

 http://raisanyou.com/top.htm

 

   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら