2016・10・17

10月23日

第22回吟詠全国大会「泊天草灘」

 

日本外史の著者・頼山陽先生は文政元年(1818年)8月当時富岡の城下に開塾中の儒学者を訪ねて富岡に一泊されました。

その時に天草洋の展望を「雲か山か呉か越か……」で始まる『天草洋に泊す』の名吟として残されております。


この名吟に親しみ、頼山陽先生を顕彰することを目的に、全国の詩吟愛好者に呼びかけた吟詠大会が開催されます。
愛好者の方はもちろん、初めての方も詩吟の魅力を味わいに、天草へいらっしゃいませんか。

 

■開催日時
2016年10月23日(日)
8:30開会

■会場
志岐集会所
天草郡苓北町志岐444番地1

■連絡先

苓北町役場商工観光課
Tel: 0969-35-1111

   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら