2015・4・9 吉野山

旅館「さこや」

 

朝、ワイドショーを見ていたら、聞きおぼえのある温泉宿の名前が耳に飛び込んできた。

 

「さこや」

 

頼山陽が母の梅颸を連れて吉野山に桜を見にいったとき、泊まった老舗旅館である。

 

その「さこや」が源泉かけ流し温泉を謳いながら、実は水道水で沸かせた湯を使っていたことが、内部告発で判明したというのだ。

 

2年ほど前、研修旅行で「さこや」に宿泊した竹原頼山陽顕彰会の皆さんのお話によれば、山陽の軸類もあったとのこと。


 但し、問題の温泉は、看板を見ればわかるように、静御前にあやかったと思われる「静の湯」


静御前が湯につかったということ自体、そもそもインチキくさい(笑)




 2013年4月 吉野山
 2013年4月 吉野山

吉野山は山陽にとって、梅颸を2度も案内した思いで深き場所。

 

梅颸と山陽が宿泊したころは、少なくとも水道水を沸かせた湯ではなかった。それがせめてもの救いだ。

 

私は2年前の4月、吉野山を訪ねた。

 

下千本、中千本、上千本、奥千本と桜の開花時期が異なり、長く花見を楽しむことができる。

 

但し、花見シーズン中は人でも多く、交通規制も行われる。そのくらい人気のある観光地だ。

 

 

 

 

 

ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら