この日、中津のオッサンは1818年、頼山陽が竹田から日田に入った足跡を確認するため竹田へ向かう。

 

写真右。竹田から瀬の元へ続く肥後街道。手前に旧街道が見える。山陽が歩いた道であろうか。

 

大分県中津市在住の郷土史家

近砂敦著『耶馬渓』(1300円、送料300円)好評発売中。

 

お申込みは「頼山陽ネットワーク」まで。頼山陽ネットワーク会員には特典があります。

2016・8・5

中津のオッサン「竹田荘が休荘」

 

大分県竹田市にある田能村竹田の旧宅「竹田荘」が石垣災害復旧工事のため、8月15日までお休みしている。「災害」とあるのは熊本地震をさすのであろうか。

 

 

写真左。日本一といわれる大パノラマ。国道442号から九重高原、遠くに阿蘇根子岳を望む。この風景も山陽は見たのであろうか。

中津のオッサンこと近砂敦さんが出版した『耶馬渓』好評発売中。
中津のオッサンこと近砂敦さんが出版した『耶馬渓』好評発売中。

   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら