見延典子が書いています。 (大分県竹田市)

2018・11・12

旧竹田荘③

 

旧竹田荘の前には、竹田の作品(レプリカ)を飾るスペースがあり、竹田像が置かれている。

竹田直筆の扁額も掲げられている。

続いて、山陽も訪れた洗竹荘址へ。豪商加島冨上の屋敷があった。


続いて竹田の墓へ。大坂で客死した竹田は大坂の浄春寺に墓があるが、生誕地の竹田でも長男の如仙が遺髪と歯牙を持ち帰り、建てられた。

今は石碑が建っているだけであるが(左)、耳を澄ませると、竹田文人たちの語らいが聞こえるようだ。

マニアしか訪れないであろう田能村竹田の墓非常にわかりにくい場所にある。
マニアしか訪れないであろう田能村竹田の墓非常にわかりにくい場所にある。

2018・11・9  

旧竹田荘②

 

前回、ご紹介するのを忘れたが、旧竹田荘母屋2階は「對翠楼(雪月楼)」と名づけられた部屋があり、九重連山や町並みなどが望める。

補拙廬(右)は門弟の帆足杏雨、高橋草坪、田能村直入ら門弟の宿舎。

 頼山陽が宿泊した草際吟舎
 頼山陽が宿泊した草際吟舎

竹の格子(上)の向こうには岡城(左)も見える。一幅の南画だ。

そして頼山陽が宿泊したのが草際吟舎。1階が茶室、2階が書庫。山陽は2階に寝泊まりしたという。書庫には書物が多数あり、山陽は飽きることがなかったのではないか。但し、夜は明かりがなく、眠る前に読むということはできなかった。


近くには筆塚もある。山陽同様、竹田は道具を大切にしたようだ。石工は長崎の渡辺方發。尾道市千光寺に建つ「瘞紅碑(えいこうひ)」と一対になっているという。

茶室らしい網代天井(左)ここで煎茶を喫したのだろう。竹田と山陽の様子が思い浮かぶ。

庭石の配置は竹田が行い、当時のままになっている。


JR竹田駅。近砂さんと案内人のEさん。
JR竹田駅。近砂さんと案内人のEさん。

11月3日、耶馬渓で「頼山陽フオーラム」が行われた翌日、中津市在住の郷土史家・中津のオッサンこと近砂敦さんの車で、進藤多万さんともども遠路竹田まで頼山陽が辿った道を訪ねる。まずJR東肥線「竹田駅」で案内人のEさんと落ちあう。さらなる専門家との出会いに胸を躍らせつつ周辺を見渡すと、駅前には田能村竹田の真新しい像が建ち(写真右)、案内板には頼山陽の名前も見え、テンションがUPする。

2018・11・7

旧竹田荘①

 

「頼山陽てくてく」で頼山陽はすでに日田に入っているのだが、山陽も滞在した田能村竹田の居宅竹田荘について、後追いながら報告する。


Eさんの解説を聞きつつ、一路旧竹田荘へ。竹田荘を訪ねるのは2度目であるが、今回、ここが再建された建物であったことに気づく。

竹田荘の母屋でくつろぐ近砂敦さん
竹田荘の母屋でくつろぐ近砂敦さん

聞けば、西南戦争や土砂災害など人災、天災の被害にあったという。それでも再建されたのは、再建に値すると判断されたからだろう。


 母屋の2階
 母屋の2階
竹田荘母屋で進藤多万さん(右)、見延典子
竹田荘母屋で進藤多万さん(右)、見延典子

竹田荘では、さらに管理人が解説してくださる。

ここにも徳富蘇峰
ここにも徳富蘇峰

旧竹田荘には与謝野晶子、川端康成などの文学者も訪れている。康成といえば浦上玉堂を思い出すが、竹田の作品にも愛着があったと知り、勝手に親近感を覚える。

         続きます。

 

 


この日、中津のオッサンは1818年、頼山陽が竹田から日田に入った足跡を確認するため竹田へ向かう。

 

写真右。竹田から瀬の元へ続く肥後街道。手前に旧街道が見える。山陽が歩いた道であろうか。

 

大分県中津市在住の郷土史家

近砂敦著『耶馬渓』(1300円、送料300円)好評発売中。

 

お申込みは「頼山陽ネットワーク」まで。頼山陽ネットワーク会員には特典があります。

2016・8・5

中津のオッサン「竹田荘が休荘」

 

大分県竹田市にある田能村竹田の旧宅「竹田荘」が石垣災害復旧工事のため、8月15日までお休みしている。「災害」とあるのは熊本地震をさすのであろうか。

 

 

写真左。日本一といわれる大パノラマ。国道442号から九重高原、遠くに阿蘇根子岳を望む。この風景も山陽は見たのであろうか。

中津のオッサンこと近砂敦さんが出版した『耶馬渓』好評発売中。
中津のオッサンこと近砂敦さんが出版した『耶馬渓』好評発売中。

   見延典子
   見延典子

 

見延典子著

明治維新から150年

紀行エッセイ

 『私のルーツ

    発売中!! 

 

『汚名』(本分社)

 

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

残部僅少。売り切れご容赦。
残部僅少。売り切れご容赦。

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら