「十旬花月帖」(頼杏坪著)全文を読みます。広島から京都への旅です。

石村良子代表が執筆しています。

2018・11・19

児舜燾謹跋す

 

児舜(じみち)(てる①)謹跋す

 

註①頼杏坪長男佐一郎、号采真 

(これ)()大人(だいじん)(いま)(ここ)(ほく)上す(じょうす)往来(おうらい)獲る(とる)(ところ)自作(じさく)詩歌(しいか)及び(および)諸先生(しょせんせい)名流(めいりゅう)韻士(いんし)贈る(おくる)(ところ)詩画(しが)以って(もっ)()(いえ)宝襲(ほうしゅう)()す、


(こいねが)うは、子孫(しそん)為す(なす)もの(つつし)みて散佚(さんいつ)する(なかれ)大人(たいじん)(この)(こう)百日(ひゃくにち)(こく)賜う(たま)(もっ)って()(とう)(こう)(やく)す、()(かん)(はな)尋ね月(たずねつき)(ろう)して亦恩遇(またおんぐう)の及ぶ(ところ)(いえ)帰り詩(かえりし)賦して(ふして)曰く(いわく)(じゅう)(じゅん)花月(かげつ)君恩(くんおん)と、(つい)()(よん)()以って(もって)帖名(ちょうめい)()す。(けだし)(また)以って(もって)示す(しめす)(ところ)君恩(くんおん)忘れず(わすれず)(なり)

 

丁亥挽(ていいばん)()   児舜(じみち)(てる)(つつしみ)(ばつ)

 

当考帖中法(とうこうちょうちゅうほう)(けん)筆画(ひつが)付記(ふき)此れ(これ)誌す(しるす)

 

茶山八十 杏坪七十二 梅颸六十八 山陽四十八

 

木米六十一 竹洞五十三 竹田五十一 春琴五十

 

海屋五十一 景樹五十八 小竹四十七 百谷四十四

 

 今津本陣跡 福山市ホームページより
 今津本陣跡 福山市ホームページより

2018・11・12

今津の牡丹

 

今津駅(いまづえき①)を過ぎ再び牡丹園に憩う

 

註①今津本陣邸内にあった牡丹園は

有名で菅茶山や頼山陽などによって

美しさが漢詩によって詠じられ牡丹

の本陣とも称されたというこです。


 

(おう)(じつ)牡丹(ぼたん)(なお)未だ(いまだ)(ひら)かず還る(かえる)時花落(ときはなおち)(まさ)()成す(なす)、多情去らんと欲す吾を呼ぶに似たり、新竹(しんちく)叢間(そうかん)泥滑々(でいかつかつ)

竹原に亡兄春風の旧棲留(きゅうせいりゅう)(しゅん)(きょ)を訪ね  然作(しかるにさく)(あり)

 

【留春永く(まも)る百年の身、花堕ち(はなおち)一朝(いちちょう)(にわ)かに人を奪う。(ℋいとり)(とく)(よう)消し得(けしえ)ざる有り。和風(わふう)(どく)()一團(いちだん)の春】

 

註:家にに朱光庭が程明道に見えて、人に語っていわく春風の中に在って座了する一月と此詩これに本ずく

(いえ)帰る(かえる)のち此れ(これ)賦す(ふす)

 

老耄(ろうもう)何ぞ必ずしも斯の身を愛せん。(こく)(たま)幸い(さいわい)探る(さぐる)幾内(いくない)(はる)(やまい)を養う唯靈(ただれい)(えき)に座す、(じゅう)(じゅん)花月(かげつ)(また)君恩(きみおん)】丁亥夏五下澣(げかん①) 

惟柔

註①毎月の20日以後

 

  鼓が瀧 有馬温泉ホームページより
  鼓が瀧 有馬温泉ホームページより

2018・11・6

伊丹剣菱

 

浪速より有馬のしおゆにおもむく道にて伊丹という里にやどりけるここはよき酒を造る家のおほかりける、剣菱てふ(という)さけはことさら(おごそか)にして


上なき品なりと聞こゆるをそのあるじが手ずから酌してのませければよみて贈りける

 

なずけけん ひじりの酒の すみぬるは 人の心の 

 

さびおとせとや

 

 有馬のしおゆあみするほどに身の(ようやく)かろくなるを覚えて

 

旅衣 はるばるきぬる 身をしるや しるしもはやく 有馬湯の神

 

 しおのいとまに、名所をみめくる鼓のたきを尋ねて

 

音にきく つずみのたきの 有馬山 ありとしりつつ 

 

打すぎめやは

 

 有馬ちかく()りて二里ばかり石原の中に、山水のながれ處々有りて、かろうじていきつきたり

 

行がたき 道にありとも 有馬山 老いもわかゆと 

 

きかばあいてん

 

 襄がこの所までつきそひぬれど

 

おくりても やがてわかれの 憂きふしは 猶も有馬の 

 

いなの笹原

 

 立ちかえらんとする時

 

別るとも 鼓がたきの つずみなく ともにありまと

 

思うばかりぞ

 

                          梅

 

 貫名海屋画賛
 貫名海屋画賛

2018・10・28

杏先生を送る

 

丁亥(ていい)夏五初八日。初めて杏坪先生に謁するの時、先生(まさ)に帰る、頼子成柏葉亭にて(せん)(えん)(もう)く。(より)(おなじ)(これ)(つく)りて()って行くを送る。


老緑(ろうりょく)(ようや)新緑(しんりょく)(ざん)するの時。雨餘(うよ)(さぜい①)(すい)(こん)(うつ)る。(きみ)()いて(きざはし)に喜び還偕(またきざはし)(うら)む。交情(こうじょう)(うつ)さず別離(べつり)(うつ)す】

 

  註①水際

 

半酔半醒分(はんすいはんせいわ)かちて(たずさ)うるに(いち)(じょう)(もち)ふ。(つい)()ぶる(あた)わず、(まこと)()(せつ)(いた)すと。殊に(ことに)()ずべきなり】   苞拝題  註:貫名海屋

 

(いん)()()して(しゃ)

 

豈料(あにはから)んや逢う()(とき)便(すなわ)(わか)るる。時に悲嘆逢別霎(ひたんほうべつせつ)(じ②)(うつ)る.柏亭一(はくていいち)(すい)(かしら)(たすけ)らる(さけ)(いずれ)()相逢(あいあい)別離(べつり)(なぐさ)めん】  柔

 

  註⓶少時

 

2018・10・21

杏坪先生帰国


 

 

前韻を畳し杏坪先生の国に帰るを送り奉る

 

 

通家(つうか①)(あい)垂れ(たれ)忘年(ぼうねん⓶)(かたじ)けなくす。幾度(いくど)(いん)(ばい)して狂顛(きょうてん)(ゆる)す。(じゅう)(じゅん)(ほう)(げい)一瞬(いっしゅん)(ごと)く。(わかれ)(のぞ)んでいかんともし(がた)(とも)(あん)(ぜん)鞋韈相送(あいべつあいおく)(こう)(こう)()ず。重ねて(かさねて)欲す(ほっす)(おなじ)伊丹(いたみ)(さけ)()う。酔臥(すいが)夢中(むちゅう)(なお)同じく(おなじく)遊ぶ(あそぶ)(じき)(ばん)(び③)()ぎて芸州に入らん。】篠崎(しのざき)(ひつ)(小竹)

 

 註①幾世も交流する間柄

 

  ②年を論ぜず若年と交際する

 

  ③播磨と備前

 

百日(ひゃくにち)()(ちゅうし)帝都(ていと)()るに(ゆう)(じゅう)(しゅく)(たちまち)(きょ)(ちょ④)()ぐ。(やま)()(みず)尋ね(たず)公事(こうじ)(ごと)し。一擔(いちたん)詩嚢(しのう)(これ⑤)簿書(ぼしょ)。】

 

  浄輝楼集杏坪先生に別れ奉る。  紀選(浦上春琴)

 

註④月日がたつこと

 

 ⑤詩嚢が公用書類だとの意

 

聾丞(ろうじょう)(ぐう)入る(いる)百花(ひゃっか)(みやこ)。一日の春遊忽(しゅんゆう)(ゆるがせ)にすべけんや。いかんともする無し衰躬(すいちゅう⑥)別れ(わか)臨む(のぞ)()()って暗涙(あんるい)()(つと)めて書す(しょ)るを()す。】

 

韻を次し諸彦(しょげん⑥)に留別し辱交懇(かたじけなくこうこん)(いたる)謝す(しゃ)      柔

 

註⑥おとろえた我が身

 

 ⑦すばらしいひと

 

韻を次し小竹兄に留別す

 

暫く(しばらく)(ほう)(おう⑧)(しょく)にある(とし)()たり。碧渓坊裡(へきけいぼうり)花顛(かてん)()ぶ。(はな)落ちて(おちて)(また)()(くに)帰る(かえる)()昨日(きのう)狂態(きょうたい)(いま)(さん)(ぜん)(すで)()蕪辞(ぶじ⑨)濫り(みだり)(くち)より発するに。(ふく)恨む(うらむ)貪膓(どんちょう)(たん)(しゅ)(わか)るるを。最も(もっとも)良友(りょうゆう)再遊(さいゆう)しがたきが(ため)に、未だ(いまだ)摂州(せっしゅう)()でず。】         惟柔

 

註⑧宋の陸游放翁と号す自ら花顛と呼ぶ顛は狂する事

 

⑨乱雑で整っていない言葉

 

梅颸日記  京遊記

 

5月3日  今日留別、いばらぎやにてある筈也。来る人

 

      小石、春琴,大倉夫婦、大含、竹洞、三本樹夫婦、此の方

 

      (杏坪、達堂)、三人。入用1両,ろうそく代3匁、舞子

      は小石

 

      出銀 *1両約7万円3匁約3500円

 

5月5日  季鷹を訪れ(十旬花月帖)書をもらい帰る。大含、小石、

      春琴、笠山、善助(牧百峰)同伴

 

      *賀茂季鷹 - 江戸後期の国学者。京都生。姓は山本

 

 

 

2018・10・15

襄僑居 三本木

 如意岳の支峰 「大文字山」       襄僑居三本木正面
 如意岳の支峰 「大文字山」       襄僑居三本木正面

 

襄僑居 三本木

 

()三月上澣(さんがつじょうかん)(きょう)()りて侄襄僑(かてつのぼるきょう)(きょ)()宿(しゅく)す。(しゅく)三本木(さんぼんぎ)()近く(ちか)鴨川(かもがわ)望み(のぞみ)(みず)(へだ)てて東山(ひがしやま)諸勝(しょしょう)望む(のぞ)如意(にょい)(だけ①)(しょう)面す(めんす)(しこう)して比叡(ひえい)(また)(はなは)だしくは(とお)からず。(じょう)植える(うえる)(ところ)(よう)(りゅう)(すう)(しゅ)()()(かげ)()

 

一株(いっしゅ)絮多(じょおお)花卉(かき)亦尠(また)(すくなから)す。交錯(こうさく)して(おのおの)(ひら)く。(べつ)小亭(しょうてい)()(せつ)して(すいび)あり最も(もっと)(けい)()するに(よろ)し。客来(きゃくき)たれば(すなわち)(れん)()(らん)(もたれ)(しゅ)(ちゃ)談論(だんろん)(つね)娯楽(ごらく)(きわ)む。(しか)れども(しこうして)(おお)くは出遊(しゅつゆう)して(ぐう)()らず故に(ゆえ)()得る(うる)(おお)からず(いま)将に(まさに)辞し(じし)(かえ)らんとす。(いささ)()()るところを小詩(しょうし)数首(すうしゅ)録して(ろくして)()る。        杏坪

 

数樹(かずじゅ)垂楊(すいよう)草檐(そうえん)(おお)東山水(ひがしやまみず)(へだ)てて円尖(えんせん)(れつ)す。幽窓打(ゆうそうだ)(ちゃく)(かんぎん)()(がい)せず(りん)楼阿鵲(ろうあじゃく)(えん)】 

 

註:歌曲の名、塩は歌詞に付する語吟、行く、などの如きもの

 

愛す(あいす)(なんじ)従容(しょうよう)として我閒(わがかん)(ともな)(いから)(けん)入り()(ごう)(たん)()くを。晩来(ばんらい)(なん)狂風(きょうふう)()(まか)せ。(ちょく)青楼(せいろう)()かいて幾団(いくだん)(おく)る】

 

柳絮(りゅうじょ)を詠ず

 

紅銷紫歇(こうしょうしゅやみ)緑陰(りょくいん)()す。一種(いちしゅ)芳情(ほうじょう)(わが)(こころ)慰む(なぐさむ)看取(かんしゅ)東皇餘(とうこうよ)()()り。(しょう)(たまたま)(なげう)去る(さる)小円(しょうえん)(きん)】 棣棠(たいどう)()む  ヤマブキ

 

註 ① 家の正面の如意岳は 支峰(西峰)として標高465.4メートルの大文字山(だいもんじやま)がある

 

    三本木と三樹三郎

 

    転居したこの土地が気に入っていた模様

 

 

 

 

 

2018・10・9

鋭意、作成中

 

連載中の「十旬花月帖」の出版に向け、古文書研究会のOさんを中心に、鋭意、作成中です。

 中はこのような感じです
 中はこのような感じです

来年4月に予定している頼山陽ネットワーク10周年でお披露目できれば、と思っています。

 

 


2018・10・7

銀閣寺を訪ね知恩院を追録す

 

 銀閣寺月見台 ネットより
 銀閣寺月見台 ネットより

 

(けい)狗狂(く①きょう)(えん)各雄(かくゆう)を競う。蕉邊(しょうへん⓶)鹿(しか)(うしない)(ゆめ)(つい)(むな)し。銀光褪(ぎんこうとん)(つく)将軍(しょうぐん③)(かく)大樹(たいじゅ)粛々(しゅくしゅく)として晩風(ばんふう)(しょう)ず】                    襄

註;① 狂犬

  ② 生の麻

  ③ 八代将軍の足利義政

 

仏前(ぶつぜん)(こう)シャ(しゃ④)(火也)(いちへい)(はな)()(これ)(しょう)(ぐん)(ろう)(とう④)ずる(いえ)と。(まん)(かく)泥銀蟲(でいぎんむしなめ)(つく)し。(そら)(さん)(げつ)(あま)して庭沙(ていさ⑤)()らす】                杏翁

 註④ 残り火

  ⑤白川の白砂を波形に盛り上げた銀沙灘(ぎんしゃだん)と円錐型の(こうか)(げつ)(だい)

 

右二首銀閣(みぎにしゅぎんかく)同遊(どうゆう)して  閣前沙(かくぜんしゃ)(あつ)(だん)()(よび)(いわ)(げい)(げつ)(だい)

 

竹樹陰々(ちくじゅいんいん)として緑墻(りょくかき)(おお)詩僊(しせん)(どう)は古くて斜陽(しゃよう)(とざ)す】   襄

 

先生(せんせい)書画(しょが)(いま)(なお)在り(あり)留め得たり(とどめえたり)風流千(ふうりゅうせん)()(かおり)】    阿千拝(あせんはい⑥)

 

右詩仙堂(みぎしせんどう)聯句(れんく)(つい)録す(ろくす)             阿千時年十三

 

高雄山の新樹を見て正輔がよみける 別に短尺あり

 

もみじばのこがるる秋の血潮より 涼しきいつか夏にこそあれ

 

同じ意を

 

おもひやる秋のもみじのそれよりも こころ高雄の青かえでかな  惟柔

 

高雄山の新緑を見にまかりて

 

錦為す袖こそあらめ高雄山 吾がかえるてにひかれ来にけり    梅颸

 

廣澤のほとりにやすらいて

 

さざ波のうえも曇らで大空の 雲影うかぶ廣澤の池

 

賀茂の駒くらべをみてよめる おのれ安芸の国賀茂郡の人なり  ただなご

 

むかしは神領にて馬をも 出せしと言い伝えければ

 

こまをさえ貢ぎし国の民なれば さらにも今日にあうぞ嬉しき

 

このうたは季鷹が求めに因りて書きて贈る

 

(しゅく)(つね)(ぼう)(あまん)(てつ)(かん)()ず。(あい)(むか)えて(けい)()()(がん)()くに(じゅう)(じゅん)(あし)濡す(うるお)(おう)()(うみ)廿(にじゅう)歳頭(さいこうべ)(うず)案牘(あんとく⑦)の山、(しょう)(たず)ぬる(まさ)謀る(はか)べし晴雨(せいう)の外。(じょう)()する(とき)酔醒(すいせい)(かん)(こう)(のこ)って又及ぶ(こう)催す(もよおす)(せつ)西顧(せいこ)(きみ)(うれ)(にわか)かに帰らん(かえ)(ほっ)するを】慈政

 

                          襄再拝請

 

註⑥ 三千三、号達堂 阿は人を呼ぶ語に冠して親しみを表す

  梅颸日記の京遊記では達堂の事をまず気にかけている様子

⑦公文書をいう

 

   見延典子
   見延典子

 

見延典子著

明治維新から150年

紀行エッセイ

 『私のルーツ

    発売中!! 

 

『汚名』(本分社)

 

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

残部僅少。売り切れご容赦。
残部僅少。売り切れご容赦。

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら