石村良子代表が書いています

水野忠邦書、十旬花月帖内冒頭
水野忠邦書、十旬花月帖内冒頭

三日  いばら木にて留別 来たる人小石玄瑞、春琴、大蔵夫婦、大含、中林竹洞、山陽夫婦、杏坪、自分、 達堂、舞子三人.かん番一人、塾中代わる代わる、常太郎也。入用一両(約7万)ろうそく代三匁

(約3600円)舞子は小石出銀

 頼山陽も入湯、有馬金の湯
 頼山陽も入湯、有馬金の湯

2019・2・2

頼梅京游記

 

五月朔日  水野様(京所司代水野忠邦、文政11年に西の丸老中となって将軍世子・徳川家慶の補佐役を務めた)に召され行く

 有馬 鼓が瀧
 有馬 鼓が瀧

六日   久太郎、景樹(香川)に行

               き書画帖、短冊認めさ

               せ、取り帰る。

九日   伊丹剣菱家

十日   有馬着 鼓が瀧に行く


   見延典子
   見延典子

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

『汚名』(本分社)

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら