2019・6・17

石村良子代表

頼山陽の母方祖父(飯岡義斎)から、娘(静=梅颸)への教訓文③

              「すぽらほんのほんと 心をやるべし」

 

()い出して(い出して)ふりぬく(振り抜く) これと同じ事 どういうたとて どうしたとて どうも こうもならず むこうの事 こちのよろず ちっともどうとも しょうなく だいたい わが心を立()へる(える)事より(ほか)は とんと とんとなき事なり。どのように世間の事 人間の事さまざま(様々)変事(へんじ)ありとも こうより(ほか)は しょうのなき事を(よく)(よく)かくご(覚悟)きわ()め ずっしりと てづよく(手強く)(いさみ) 志を立て立て(たち)すへ(据え) 鉄石(てつせき)のごとく びん(貧乏)ぼゆるぎも せぬに すっきり人情の やるせなきに まけず 人道の本然(ほんぜん)を立すへ戦場にむかって 馬にむちくれ 君に先だって打死(うちじに)にすべき心もち 常々の表にある事にて 今その気になれば それになり ぐにゃつけば ながれて(流れて) やく()たらず(足らず)になり ただただ心で心をとり立てとり立てすれば ()しょう()もつれて つよくなり りんりん(凛りん)として おかす(侵す)べからざるのみさほ()を 立て立て立すへ あっぱれ 手がら 剛のものよ 賢女よ (飯岡義)()の子 弥郎(弥太郎)が妻 久太郎が母よ 婦人のかがみよ 手本よと ながきよまでのわらひ(笑い) ほまれ()の わかれ(分かれ)を ()する()まじきものなり あなかしこ  

一 どうで(も) 侍の妻となりては町人 百姓のような根性(こんじょう)さげては やくにたたず 侍の妻とて 人に貴ばれ(とうとばれ)(うわま)はるるからは町人百姓どものような 根性をさげて()ては とんと身分がすまぬから かくべつ(格別)な所なければ ならず かつ べつな所とは 道を守りて 勇を剛きにあり ぐにゃぐにゃ なき(泣き)(つら)人に見すべからず 秋の霜のおかすべからざるごとく りんぜん(凛然)

すずしく 立あがるべし かりにも よわき(弱気)なみだもろき(涙もろき)根性あるべかず

心で心をとりなをし気で気をひきたて これの思ひあらば うと((和歌)歌う)ふて て心を放散すべし くよくよ()ねにたむ(に溜む)べからず おも(思う)はや()まひとなり 

つがざる(継がざる) これ等のこと わするべからず

すぽらほんのほんと 心をやるべし

うき事の かさなる事は いさぎよく 世をうとふべき 便りならまし

うき事は よにあるほどの ならひぞと おもひながして 心はるけき

何事も さだまる道と あきらめて まよひだにすな なげきだにすな

後二首は前にやりたるようなり

七月十八日      父 やや

静子へ 

 

湘瀟(しょうしょう)何事(なにごとぞ)等閑帰(とうかんかえる)の詩の(かき)たる(かり)の かくの(ごと)く書きたる小茶碗

其方(そのほう)(いき)有り候や(いなや)(きく)ばかり 返却(へんきゃく)には及ばず候

 

 

 

2019・6・9

石村良子代表

頼山陽の母方祖父(飯岡義斎)から、娘(静=梅颸)への教訓文②

                 「人らしき人にならんとおもはば」

 

書かれた時期の詳細は不明だが、静が20代、幼い山陽を連れ、実家に帰省したころ(1780年代)に書かれたのではないか。義斎は大坂の儒医者で、1789年、73歳で没している。

註:天明の飢饉 天明2(1782)年から同7年にかけての全国的飢饉、 同2年は天候不順で凶作、翌同3年は春から冷雨が続き,さらに洪水,浅間山の大噴火のため大凶作となった。死者は30万とも50万ともいう

 

住馴(すみなれ)親里(おやさと)を離れ 遠き国におるも (ただ)壱人(ひとり)の夫を頼りにして在る事なるに それだに又遠く離れし只ひとり おさな子をそだてくらす事 (たより)も力もなく いか(ばかり)のなげき かなしみ思いてくるも はてしなし

 

しかれども どのように ないても わめいても おどりはねても どうもこうも しょうなく こん(困窮)きゅうしごくせまり きったる事神々にいのり きせいし人々にたのみ願いても ならぬ事はならぬ 天命いかんともぜひなく いっそ死んだら 此おもい 此くるしみ あるまいとおもえど げんざい おさな子あり老たる親あり かなしみおもう夫あり こがるる兄弟 しぬるもしなれず かかる時いかんとかせん さりとて いきもならず ただむねに むせかえり くるしみ(ばかり)なり

 しかれども ここに にっちもさっちもゆかれぬ 人の道と いうものありて 

そのせまりつめたる中に 凛々(りんりん)たる道義立ちすわり びくともせぬ うろりともせぬ有るを 能々(よくよく)(あきら)め悟り (よく)そだて やしない堅く執り(とり)守るべし しかれ一切のなげき うれへは さらさらと ゆき() しも()の とけるごとくあんらくなるべし

 

ここを聖人(せいじん)憂うるなく 知者は惑わず 勇者は恐れずとこそ仰られし 君子

わたくし かってなきゆえ(ウレへズ)うるなし 人のうれいなげきは 皆多 わたくし()って() よく()より生ずるなり 知くらく 義理すじ道わかれぬから めったくたり やくにもたたぬ事を あんじ(案じ)くらし(暮らし) うろたえ(狼狽) まどう(惑う)なり 勇氣の志なきゆえ万事に へこたれあしこしすわらず ひょろひょろ さまざま びくびくし みれんさもしき事をするなり

さすれば 男も女も此勇の志 立すわるで仁も義も知も 信も出来るなり

とかく人らしき人にならんとおもはば 心の剛にして弱からぬが大徳にて 

心よわきものは大の(おお)ぞん やくにもたたぬを くどくど くよくよおもうも 皆勇なきゆへなり

勇とは 心いさみて つよくひるまぬをいう常々 此心をしゅ()()()べし 大の徳つく事なり 

 

すでに此たびの事でも 当時此天気にても さきだって順気にて 天下万民悦び楽しみしに かくふりつづきて民ぼっと とう(当惑)わくし いのりきたりし なき(泣き) 悲み(かなしみ)

 

うらみ(恨み) なげき(嘆き)のたらたら よまい事のたらたら かまひせ(構いせ)()けれども 天気 き よろしとして せいだし

 

2019・6・7

石村良子代表

頼山陽の母方祖父(飯岡義斎)から、娘(静=梅颸)への教訓文①

                         「人情と人道」

 

書かれた時期の詳細は不明だが、静が20代、幼い山陽を連れ、実家に帰省したころ(1780年代)に書かれたのではないか。義斎は大坂の儒医者で、1789年、73歳で没している。

註:天明の飢饉 天明2(1782)年から同7年にかけての全国的飢饉、 同2年は天候不順で凶作、翌同3年は春から冷雨が続き,さらに洪水,浅間山の大噴火のため大凶作となった。死者は30万とも50万ともいう

 

人には人情と人道とあり 人情はしのびがたく やまれぬものなり これなければ人にあらず

又人道というは道理のたがえられぬものあり これなければ人たるの本体(ほんたい)なし

 

故に人情の やむにやまれぬることありて むせびかえり こがれはつるかなしみ あればありとても 又そこからも たがえ(違へ)られぬもの有る事を天性也本心也人道也

能々(よくよく)(あき)らめ悟りて きっと情の行くままなるを制して ほしいままにせず

きっと道を立ちすへ堅く守りて(へん)ぜざる これを人の道を得たりとす

 

その人情のやまぬありとも 人道を以って制すべき事なるに 情欲のみ(もっぱ)らに盛んにして 人道を以って 制するすべをしらざる これ鳥獣の道にして 人たるの道にあらず

世間人間の上 まちまち さまざまの変ありとも かうより外 かく(覚悟)ごすゆべきなく万々の事 この準則を以って ゆくべきより外なし その(ところ)(よく)しれば 

まよい うろたえなきはずの事なり

ここが合点ゆかぬと 諸事 変あるたびに当惑 邪曲を生じ乱逆に至りて 人でなしとなり 世の笑いものとなり 終る事たちまちなり

 

ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

6月12日発売!!

『もう頬づえはつか  ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。悪しからずご了承ください。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

『汚名』(本分社)

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら