見延典子が書いています。

2019・9・14

三頼の書軸➁「春風」「杏坪」

 

春水について日記で調べてみたが、8月13日に水楼に出かけたことを裏付ける記載はない。

「杏坪」とみえる
「杏坪」とみえる
「春風」とみえる
「春風」とみえる

三軸とも、表装が同じであることもさることながら、文字の崩し方、文字の勢い、配置など、いずれを見ても、三頼を名乗るには…。

(ご意見をお待ちしています)

 


箱の下段には「菅氏輯(編)水楼」とある
箱の下段には「菅氏輯(編)水楼」とある

失礼ながら、真贋は定かではない。

2019・9・13

三頼の書軸①「春水」

 

あるところで、思いがけず「三頼(春水、春風、杏坪)の書軸を見せていただく。春水は山陽の父、春風、杏坪は叔父にあたる。まず春水からご紹介しよう。

「八月十三夕菅氏於楼参記七十翁春水」


ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 

近日予約開始!

『頼山陽と

   戦争国家」

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら