A5版49ページ、オールカラー

  非売品として2011年発行

頼山陽が1818年、中津、耶馬渓を訪問した時、中津で活躍していた田信(田中信平)が著した「料理簡便集」を基本とした料理の再現です。当時、中津ではどのような料理が食されていたか、参考になります。

2020・7・12 

      会員様プレゼント

 

お馴染み中津市在住の近砂敦さんが東九州短期大学食物科講師の木下美千代先生とまとめた「伝えたい中津の伝承料理」を会員1名様にプレゼントいたします。

すべての料理はレシピ付きなので、ご自分で作ることができます。
すべての料理はレシピ付きなので、ご自分で作ることができます。

応募方法

①「頼山陽ネットワーク」公式ホームページ会員様に限ります。

➁メールから「プレゼント希望」とお名前を書いて、ご応募ください。

③締め切りは7月18日(土) 当選者に直接連絡し、発表にかえます。

 

2020・5・2

「全国 頼山陽史跡めぐり」(仮称)編集の開始にあたって

 

「頼山陽ネットワーク」では、全国にある頼山陽関連の史跡、詩碑などの情報、写真のご提供を呼び掛けて参りました。ありがたいことに、すでに相当数の情報、写真が寄せられおり、そろそろ一冊にまとめる時期にきているのではないかと考えます。

 

そこで作業にとりかかろうとしたのですが、そもそもどのようにまとめていくべきか、まずは編集方針から取り決めていかねばならず、いきなり壁にあたってしまいました。それでも今までのように、困ったときには「頼山陽ネットワーク」の皆さまのお知恵とお力をお借りして乗り越えていけるのではないか、と楽観的に考えております。

 

完成までにはさらに長い歳月がかかるでしょう。場合によっては直接、ご連絡してご協力をお願いする方が出てくるかもしれません。そのときにはとぞよろしくお願い致します。折に触れて進捗状況をお知らせして参ります。引き続き情報をお寄せくださいますよう、よろしくお願い致します。

                  

           頼山陽ネットワーク 代表  石村良子 

                     編集人 見延典子

2020・2・22 

中止のお知らせ

曾山流樹徳吟詠会柳青会」の構成吟「頼山陽東游記」

 

残念なお知らせです。

4月26日の予定していた曾山流樹徳吟詠会柳青会」の構成吟「頼山陽東游記」が諸事情により中止となりました。

 

尚、同日開催の「酒と煎茶と古琴の会」に関しては予定通り行いますので、ご予約された皆様は楽しみにお待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

2020・2・3 山根兼昭さん

曾山流樹徳吟詠会柳青会」の

     構成吟「頼山陽東游記」

ご案内のように、4月26日(日)11時から、頼山陽史跡資料館25周年コンサート「酒と煎茶と古箏の会」(11時~13時)が行われますが、その後、曾山流樹徳吟詠会柳青会による構成吟「頼山陽東游記」が決まりました。


頼山陽生誕240周年記念

  構成吟「頼山陽東遊記」

     日時 4月26日(日)13時~14時

     場所 頼山陽史跡資料館ロビ一(広島市中区袋町)

     出演 曾山流樹徳吟詠会柳青会

     作・演出   山根曾文、尺八演奏 都山流師範・中山皎昌山先

     吟詠     山根曾文、植松柳允、玉置柳鷹、千島藤誠、

     ナレーター 鬼頭弘花、田中温花

 

※好評につき、当日の「酒と煎茶と古箏の会」のチケットは完売しました。

構成吟「頼山陽東游記」のご鑑賞をご希望の方は、事務局までご連絡下さい。

ホームページ編集人  見延典子
ホームページ編集人  見延典子

 石村良子代表の編集

『頼先生遊記帖』(『十旬花月帖』) 

  好評発売中!

国家に「生かじり」された 

ベストセラー『日本外史』

「頼山陽と戦争国家

感想② 感想③

感想④

南々社
南々社

 

『もう頬づえはつか      ない』ブルーレイ

 監督 東陽一

 原作 見延典子

※当ホームページではお取扱いしておりません。

 

 紀行エッセイ

 『私のルーツ

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

 詳しくはこちら