注= 梅庵さんは広島市内の米作り農家

 真剣に梅庵の話に耳を傾ける老若男女
 真剣に梅庵の話に耳を傾ける老若男女

会場は広島市南区東雲にある「木工カフェレストランFun」。この日は貸切り。シェフが腕をふるってくれたランチのメインはもちろん収穫したばかりの石内稲毛米です。

お土産も石内稲毛米(右の写真)。ぜひ玄米で味わっていただきたい自慢の米です。数量限定ながら、広島市内であれば、配達致します。

 

2017・11・23

梅庵さん

「新米でセミナー&ランチ会」

 

今年も新米を収穫。自慢の石内梶毛米を味わっていただくため、「セミナー&ランチ会」を開きました。

料理の説明をするシェフ
料理の説明をするシェフ
玄米の炊き方も伝授。お手伝いの川上さん。
玄米の炊き方も伝授。お手伝いの川上さん。

そんで、風雨が強かったけえ、根性はたいしてない小生、外にはよう出んかったんで、家から撮影。

 

一夜明けた田んぼの様子。強い風に稲穂は少し荒れているけど、倒れてはおらんので梅庵はほんまにホットしたでの。

 

台風一過のざわつきが残る田んぼ、でも黄色くなってきたぞ! ススキも穂を出しとります。そして、谷川との間のゲシでは、あちこちで、曼珠沙華。もうすぐお彼岸ですのう。

2017・9・20  

梅庵さん「台風一過」

 

いやァ、日曜日の台風はなかなか久方ぶりの、本格的においでになった台風でしたのう。

雨は波状攻撃、秒速20メートルぐらいで谷を北から南に、風とともに一気に流れて行きよった。

まだ夕方5時だがあたりは暗くなり、ド田舎にもある街灯はもう点いとったんよ。

太陽の光にあたると、稲穂は少し黄色くなってきたのがおわかりだと思う。あと3週間ばかしで稲刈りとなるじゃろうかの。正直、もう台風は勘弁してくれ~という気持ちで一杯のコメ作りじゃ~。

花に隠れたまんまのカエルくん。
花に隠れたまんまのカエルくん。

   見延典子
   見延典子

 

『汚名』(本分社)

 Amazonで販売中

 

祝!日本遺産 認定

 近砂敦著『耶馬渓』

 見延典子の書下ろし

 小説『獲物』を収録

 ※詳細はこちら

 

οο 会員募集 οο

 

「頼山陽ネットワーク」の会員になりませんか? 会費は無料。特典があります。

 

詳しくはこちら